手作りカレー粉の調合

e0229564_1239931.jpg
全部のスパイスをフライパンにあけたところ。カラフル~016.gif

昨年ぐらいからカレー粉に市販だが手作りタイプのものを使っている。
デパートやスーパー、エスニック食材店などで一般的に売られている手作りセットは「GABANの手作りカレー粉セット」が多く、だいたいこれを使っていた。
カレー用のスパイスが20種類ほど小袋に分けてセットにされていて、好みで色、辛さ、香りを調整、ブレンドできるようになっている。
今回同じような手作りセットだがたまたま他社のマスコット社製のカレー粉セットを見つけたのでこれで作ってみることにした。
こちらはスパイスの種類がGABANの20種類に対して21種類と一つ多い。
そして、スパイスの種類、分量もちょっと違う。(下の表参照)

作り方はどちらもほぼ同じで要は全部の粉を混ぜ合わせて、適当にローストすればいいだけの話。

はっきり白状して20~21種類のスパイスの分量の調整ができるほど、スパイスに精通してないないし、味覚もそこまで敏感、繊細でもない。
なので、とりあえず入っている全部のスパイスを全量使って作っている。

結局は単なる面倒な手間でしかなく、だったら普通のカレー粉の方が楽だろう、って話なのだが、この手間がとても楽しい。
のんびりと其々のスパイスの色、匂い、味を確認しながら作業をしていると、やってることは袋を切り開いて粉状のスパイスをただ出しているだけなのだが、妙にプロっぽいというか専門家になったような錯覚に陥らされて楽しいのである。
多分メーカーの思うつぼだと思う(笑)

全部のスパイスの粉を混ぜ合わせ10分ぐらい弱火で適当にローストして出来上がり。実に簡単。
出来上がったカレー粉の色はGABANの時より気持ち濃いめの気がした。
味的には実際に使ってみないとよくわからないが、これもおいしそうに見える。
今回のマスコットはブラックペッパーの量が多いのでこっちの方がピリ辛になるのかも・・・?

作る時の最大の注意点は、くしゃみ、咳などを絶対避けること!これが一番重要!
もし一回でも「ハックション!」などとすると粉末が周り中に飛び散ってそれはそれは悲惨なことになる。
ちょっと強めの鼻息も注意した方がいい。
コショーなどの袋を開ける時は特に要注意!粉末を吸ってしまうと大変なことになる。
それと、ローストしすぎて焦がさないこと。ちょっとした焦げでも香り、風味、味を全部ぶち壊してしまう。

十分冷えたらビンに入れて保存。
出来上がり重量、100g、約20人分とのこと。

手作りカレー粉セットは他に「朝岡スパイス」のものがあるがこれは出来上がりの分量が300gもあるのでちと多い。
スパイスの本家S&Bでもオリジナルの調合で発売すればいいのに・・・と思う。


21種類のスパイスが其々小袋に分封されている
e0229564_1239465.jpg

完成したカレー粉
e0229564_1240717.jpg

マスコットの手作りカレー粉セット「ホームメイドカレー」
e0229564_12402445.jpg

ちなみに、GABANとマスコットの使用スパイス比較は、

スパイス名        GABAN(表示値)  Mascot(実測値)
ターメリック        20g           20g
クミン           14g            18g
コリアンダー       12g            21g
チンピ           10g      
フェネクリーク       5g            10g
フェンネル         5g             1g
シナモン          4g             3g
カエンペッパー      3g             3g
ガーリックグラニュー   3g             
ジンジャー         3g             2.5g
ディルシード       3g             2g
オールスパイス     2g             3g
カルダモン        2g             3.5g
クローブ          2g             2.2g
スターアニス       2g             0.5g
セージ           2g             0.6g
タイム           2g             
ナツメグ          2g              2.7g
ブラックペッパー     2g              4g
ベイリーブス       2g             0.2g
メース                          1g
キャラウェイ                       1g
アニス                          0.7g
セロリシード                      0.5g

となっている。

*注:実測値は家庭用スケールなので概ね数値

おまけに、
S&Bの<カレー.com>のサイトに表示してあるオリジナルカレー粉のスパイスの分量は
・チリーペッパ- 小さじ1/4
・ジンジャー 小さじ1/2
・ブラックペッパー 小さじ1/2
・カルダモン 小さじ1/3
・シナモン 小さじ1/2
・クローブ 小さじ1/4
・ローレル 小さじ1/4
・オールスパイス 小さじ1/4
・クミン 小さじ1/2
・コリアンダー 小さじ1/2
・ガーリック 小さじ1
・ターメリック 大さじ1
(4皿分)
*スパイスはすべてパウダー
となっている。
小さじ、大さじ表示、って意外と大雑把なんですねぇ・・・(笑)

また、ハウス食品の「スパイスセミナー」の講習では、
オリジナルのカレー粉に必要な基礎スパイスは、たったの6種類で、
<スパイス名と配合比率>
クミン…1
ターメリック…1
カルダモン…1
コリアンダー…1
ジンジャー…1
レッドペパー…1/4
<好みの応じて調整>
・辛口が好みの場合…レッドペパーを追加
・清涼感を強くしたい場合…カルダモンを追加
・生姜の風味が好みの場合…ジンジャーを追加
・コクが欲しい場合…ガーリック(パウダー)を追加
とのこと。

やっぱ、カレー粉って奥が深すぎる・・・008.gif

それぞれのスパイスについての蘊蓄、能書きはまた別の機会に・・・027.gif
[PR]
by lltj | 2013-03-15 13:25 | 自作調味料 | Comments(0)

個食は、準備→仕込→調理→食事→片付までがワンセット。豪華さよりも簡潔さ!


by Tabeo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

応援ボタンクリック 感謝致します

最新の記事

サバの照り焼きとカタ焼きそば
at 2017-11-17 22:52
牛丼
at 2017-11-15 00:01
トーストのガッツリ朝食
at 2017-11-12 22:11
肉野菜炒め
at 2017-11-08 16:14
ウインナーチャーハン
at 2017-11-06 17:03

検索

ブログジャンル

タグ