趣味の鍋シリーズその2(ハリオ、フィスラー、ビジョン、ル・クルーゼ、姫野作、無印良品、他・・・)

e0229564_1531684.jpg


朝から冷たい雪と雨が降り続いていて外に出る気も起こらない。
と言うことで久しぶりに趣味の鍋シリーズをまとめてみた。
以前アップした2013年からまたまた性懲りもなくちょこちょこ買って増えてしまった鍋たちの一部を紹介037.gif

①ハリオ、ガラスフタ土鍋 8号(約24cm)
<http://www.hario.com/seihin/products_detail.php?product=MN-225B>
土鍋を一つ欲しいと思っていたが、以前から鍋のフタは透明なガラス、のこだわりがあって探し当てたのがこれ。国内ガラス食器の二大メーカーの一つのハリオ製。
ハリオと言うとコーヒー系の器具の方がメジャーなイメージだが、こんな土鍋や炊飯鍋も作っている。
フォルムデザインはちと浅目だが、おでんなどに丁度良く重宝している。
一つ難点はメーカーとして売りの一つなのだろうがフタの頂点にある鍋つかみの真ん中に蒸気穴が空いているので、いつも他の鍋のフタと同じように普通に掴んで手のひらに蒸気を浴びて熱い思いをすること。
何度もやって懲りたので今ではこの蒸気穴はアルミのネジでふさいでいる。

②フィスラー、マルチポット(約14cm)
<https://www.fissler.jp/index.html>
このマルチポットは今フィスラーのHPから消されている。日本での販売はなくなったのかも。ただ楽天やアマゾンではまだ売っている。
以前ブログにも投稿した→<誕生日プレゼントに「フィスラーマルチポット」(趣味の鍋シリーズの新顔)>時にも書いたがデザイン一目ぼれで買ってしまった。
見た目よりゴツイ。普通の鍋に比べて深めなので、チャーシューを作ったりする時に重宝している。
ガラスのフタはフィスラー純正だと2000円以上もする。005.gif
100均の14cmでピッタリなのでそれで十分実用になっている。

③ビジョン ガラス製ソースパン 1.5L
日本語版のビジョンのHPが見つけられなかったが、このサイトにガラス鍋について詳しく書かれている。
<http://blog.tokyo-gas.co.jp/cafe/cookwear/2012/10/glass-pan.html>
調理に関しての特徴は
*鍋からの溶出物がない
*汚れがつきにくく、落としやすい
*直火、レンジ、オーブン、いろいろな用途で使える
*保温性が高い
*中の様子が分かるので調理のタイミングを把握しやすい
(by レトロ雑貨のある暮らし)
だそうだ。
実際使ってみるとわかるが湯が湧いてくる様子がはっきり見えるので火力の調節が小まめにできる。
この鍋についても既に以前投稿している→<趣味の鍋シリーズ:ビジョンガラス鍋>
1.0Lの小さい方でもよかったのだが、そっちは注ぎ口が付いているのがどうも鍋っぽくなくて注ぎ口のないこっちにした。

④ル・クルーゼ、ソースパン 18cm
<http://www.lecreuset.co.jp/onlineshop/saucepan.html>
ま、誰でも知っている超有名メーカーの鍋で説明の用もないだろう。
デパートなどではこの片手のソースパンはあまり見ることはないが、一目で気に入ってしまった。
洋鍋だが実際にはうどんやそば、肉豆腐などの和食にも使っている。もちろん茹であげてそのまま食卓へ持って行って直に食べている。042.gif
ルクルーゼは無水調理用の鍋ではないので、フタはいつものようにちょうど合うガラス蓋に変えた。

⑤鍋工房 姫野作 本手打アルミ行平鍋 五寸(約15cm)
<http://www.d-department.com/shop/item_detail/7978021004702897/>
以前使っていた雪平鍋でもまったく問題なかったのだが、もっと肉厚の本格的なものを見つけ、欲望に負けて買い換えてしまった。多分普通の雪平の3倍以上の肉厚。
アルミだががっちりとした重量感があり、超お気に入り。
まったく存じ上げないが作者の「姫野」さん、って匠として有名みたい・・・

⑥アサヒ 食楽工房 銅製ミルクパン 0.75L(約12cm)
<http://www.asahi-spoon.jp/>
銅は熱伝導率が高く効率よく速く湯が湧かせるのでお茶やコーヒーなどに薬缶代わりに利用している。洗うのもメンドイので湯しか沸かさないようにしている。
外側のミラー仕上げのクリアーエナメルは使いこんでいるうちに焼け剥がれてしまった。そのため銅本来のくすんだ色合いになり、鍋底には緑青も浮いている。が、外側なので気にせずそのまま使っている

⑦ラ・プシェロ? 陶器キャセロール 5吋(約14cm)
<http://item.rakuten.co.jp/utsuwanomori/w0265/>
買った時の栞を無くしてしまった(もしかしたら付いてなかったかも・・)のでメーカーがイマイチあやふやだが、多分、デザイン的にこのメーカーと思う。ただ、画像のキャセロールよりはだいぶ深め。
基本グラタン用なのだろうが、ウチではラーメンやうどんにも使っていて重宝している。
このキャセロール用のガラス蓋は探すのにけっこう苦労した。直径13~14cmのガラス蓋、ってなかなかない。

⑧アイザワ工房 手付き計量カップ 200cc
<http://www.kobo-aizawa.co.jp/>
鍋ではないが、ちょっとしたソースやタレを作るのに使っている。以前にも書いたが「アイザワ工房」のデザインは好きでつい買ってしまう。

⑨無印良品 計量カップ 200cc
<http://www.muji.net/store/cmdty/section/T20014>
これもソースやタレ用。計量に使うことはほとんどない。デザインは旧バージョンのため直線的で今売られている丸っこい形とはだいぶ違う。自分的にはこの旧バージョンのデザインの方が好きだったので無くなる前に慌てて買った。


相変わらず無駄な散財をしている自分に呆れる005.gif
でも、もう、だいたい鍋類に関しては満足してきた。それに、これ以上はもうキリないと言うこともやっと理解したのでだいたいこの辺で打ち止めになると思う。


以前投稿した一回目の<趣味の鍋シリーズ(STAUB、AKAO、浅釜、アイザワ、DANSK、WMF、他・・・)>
e0229564_15322646.jpg

[PR]
by lltj | 2015-01-30 16:37 | 調理器具 | Comments(3)
Commented by ひと at 2017-05-25 17:19 x
はじめまして!
友人に送る離乳食用の鍋を探していて、こちらへたどり着きました。
鍋の蓋はどちらで購入されたものですか?
小さな片手鍋は、蓋がないものが多く、出来ればガラス蓋を別で購入しようと考えています。
良ければ、ガラス蓋の購入先などを教えて頂けませんか?
お返事頂ければ幸いです^ - ^

ブログへのコメントが初めてで、失礼がありましたら、申し訳ありません。
Commented by lltj at 2017-05-25 21:13
ガラス蓋への質問ありがとうございました。
実は鍋蓋はガラス製にこだわっています。
15cm以上の大きさならガラス蓋単体でそこそこ売られていますが、それ以下の小鍋用のガラス蓋はピッタリのサイズを単体で見つけるのは相当と難しいです。
自分の場合は以前都心に住んでいたので、浅草の合羽橋道具街や都内の主だった洋食器店やデパートを色々周りました。
ピッタリのサイズのガラス蓋に辿りつくまで数年かかったこともありました。
ガラス蓋単体では買えず、ガラス蓋が欲しいために使う予定もない本体の鍋ごと購入することもありました。
(多分、相当アホです(笑))
他に、ネットのヤフオクやグーグルで検索もしました。
「ガラス キャセロール」とかで検索すると色々ヒットすると思います。
ガラス製の鍋や蓋のメーカーは国産ではイワキ、ハリオぐらいでほとんどが海外メーカーになります。
パイレックス、バイロセラム、ビジョン、コーニング、ファイヤーキングなどのキャセロールにガラスの蓋がよく付いています。
これらも蓋だけの出品はまれでほとんど本体一緒に購入せざるを得ません。
10cm前後の小さなガラス蓋でしたら、ガラス製ティーポットやガラス製保存瓶の蓋などがデパートなどで見つけられると思います。
どこまで参考になるか判りませんが、自分はこんな感じで揃えました。
丁度良いガラス蓋が見つけられること願っています。


Commented by ひと at 2017-05-25 23:14 x
詳細なお返事をありがとうございます!
やはり、単体のガラス蓋購入は難しいですよね…。
でも、めげずに色々と探してみます^ - ^
ありがとうございました!

個食は、準備→仕込→調理→食事→片付までがワンセット。豪華さよりも簡潔さ!


by Tabeo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

応援ボタンクリック 感謝致します

最新の記事

食べ過ぎてはいけない「危険食..
at 2017-10-20 22:25
食べ過ぎてはいけない「危険食..
at 2017-10-20 22:25
キャベツ肉炒め(&その他のキ..
at 2017-10-18 10:39
銅鍋
at 2017-10-16 00:45
酢鶏
at 2017-10-13 00:38

検索

ブログジャンル

タグ