趣味のガラス製取っ手(把手)付メジャーカップ(ファイアーキング、パイレックス、ハリオ、リビー、・・・)

e0229564_12353341.jpg


久々、趣味の厨房用品シリーズ。
今回はガラス製取っ手付メジャーカップ。

日本でガラスメーカーと言うと建材、自動車用などの旭硝子や板ガラスなどから、眼鏡のHOYA、レンズのニコン、オリンパスなど色々あるが、厨房用品や食器などでガラス製品を作っているメーカーはイワキガラス(パイレックス)とハリオが有名で一般的でそれ以外のブランドとなるとなかなかお目に書かれない。
イワキはガラス製保存容器、ハリオはコーヒー関係のガラス製品でもよく見かけると思う。
そして、ガラス製のメジャーカップもこの二大メーカーのものがほとんどで、他には海外メーカーかアートやオリジナルなデザインを売りにしているものをたまに見かける程度。
ガラス製メジャーカップでも取っ手のない単なるカップ、グラス型やビーカー型のメジャーカップならけっこう種類を見かけるが、取っ手付となるとグッと少なくなる。

昔からちょこちょこ集めていたので、ちと紹介。037.gif
ただ、メーカー別、デザイン別、容量別まで全て集めるとキリないので、自分の好きな、そして実用として使うぐらいに限定している。
(※全ての製品は耐熱だが、肉厚ガラスと普通ガラスの区別のために肉厚の製品に耐熱ガラスと書いた)
(※また、製品名に張ってあるリンクは商品の詳細説明のためで推奨購買先と言うことではありません。)

ファイアーキング 耐熱ガラスメジャーカップ 500ml
ウチにあるメジャーカップの中で最大。この上の大きさになると1000mlで、個食調理にはまず必要ないので、ホントは集めたいのだがまだ我慢している。
ファイアーキングは米国でパイレックスと並ぶ二大ブランドで日本でも一般的と思う。
当然パイレックスにも同じようなデザイン、サイズのものあるが、こちらの方が背高で取っ手の長さが若干長くてもち易いのでこっちを選んだ。
計量の他にレンジでラーメンなど作るのにも使っている。

パイレックス 耐熱ガラス広口(ジョウゴ)型メジャーカップ 250ml
他のメジャーカップと形がだいぶ違い逆円錐形のジョウゴ型のメジャーカップ。
目盛は250mlまでしかないが、満タンだと丁度500mlぐらいまで入る。
使いやすくお気に入りでけっこう使用頻度が高い。使いやすいと言うのは計量としてより、納豆を混ぜたり、ヨーグルト食べる時などに食器として使用した時。

メリタ ミルククリーマー 250ml
コーヒーは好きでコーヒー関連の売り場でたまたま見つけた。ちゃんと目盛が入っていてしかも取っ手付。一目で気に入ってしまった。
縦に細長いのでメジャーカップとしてよりビールグラスに丁度いい感じ。
ただ、これで本来の用途のミルククリームはまだ作ったことがない。

ハリオ 耐熱ガラスメジャーカップ 250ml
以前から売っていたのだろうが最近見つけたハリオ製の肉厚ガラスのメジャーカップ。同じようなカップでは既にファイアーキングの250mlなども持っていたが、若干口径が広く安定安心感があったのでつい買ってしまった。

リビー メキシコ製メジャーカップ 240ml
場所忘れたが、モールなどにある小ジャレた輸入雑貨店で見つけて買った。珍しくメキシコ製。
変わっているのが、目盛が印刷ではなく浮き彫りになっている事と、1カップが240mlとなっている事。
日本の1カップは200mlで、欧米の1カップは250mlと国によって容量が違うことは知っていたが、1カップが240mlと言うのは初めてみた。

イワキ メジャーカップ 200ml
一番よく見る一般的なビーカー型に取っ手が付けてあるメジャーカップ。この肉厚の薄いガラスの普通タイプのメジャーカップは計量の他にコーヒーや紅茶を飲むのにも使っている。
訪ねてきた知人にこれでコーヒーを出すと意見が真っ二つ、「だっせぇ~!」と言うのと「おっしゃれ~!」と言う感想。

⑦メーカー名不明 フランス製耐熱ガラスメジャーカップ 250ml
相当昔、浅草の合羽橋道具街で特価で安く売られていた。
普通のメジャーカップだと目盛以外はブランド名が書いてあるだけの実用的なデザインのものがほとんどだが、これは、目盛以外にいたずら書きのような絵が書かれていて、それがいかにもフランス的なシャレた遊び心のデザインだったので思わず買ってしまった。
”bon appétit”(ボナペティ)と可愛く書いてあるが、ブランド名はまったく書かれてない。
大きさ的にウチのアク取りを受けるのに丁度いいサイズなので煮物の時は必ず出番がある。

パイレックス 小型メジャーカップ 100ml
取っ手のないメジャーカップなら10ml、50ml、100mlなどの小さいものはビーカータイプやショットグラスタイプなどで目にすることはあるが、取っ手付で100mlは初めて見つけて即買いをしてしまった。
メチャ可愛くて気に入っている。
水溶き片栗粉を溶く時や、個食分の合わせ調味料を作る時などに重宝している。

ハリオ メジャーカップ 200ml
⑥のイワキのサイズと同容量。イワキの方はビーカータイプだが、こちらはテーパーがつけてあって少し広口になっている。目盛には普通の液体の他に砂糖用、小麦粉用なども書かれている。
個人的はこちらのデザインの方が気に入っている。
実際の計量の使用頻度はこれが一番高い。そのため割る事も多く、すでに3回ほど新しく買っている。
定番商品なのでいつでも近くで簡単に手に入るのも気に入っている。

栗原はるみデザイン メジャーカップ250ml
日本では1カップが200mlということで、普通、国産の肉厚の薄いガラスのメジャーカップでは目盛は200mlまでしか書かれていない。これは珍しく250mlまで書かれていて若干大き目になっている。
ほとんど特別な使い道はないがなんとなく欲求に負けて買ってしまった。
名前が入るだけでちと高くなるのが・・・002.gif

イワキ メジャーカップ 200ml
⑥のイワキのメジャーカップとメーカーも容量も同じだが、こちらは少し口径が細く背が高い。最大の違いはこちらの目盛にはこめ、さけ一合の目盛が付いている事。
と言うことでお米を量るのに使っている。

ファイアーキング 耐熱ガラスメジャーカップ 250ml
①ファイアーキングの250ml版。デザイン的にもほぼ同型の縮小版。なんせ肉厚で頑丈そう。多少落としてもぶつけても割れそうもない。
肉厚の薄いタイプのメジャーカップは実際に何度か割って買い換えているものもあるがこの肉厚タイプはまだ割った事がない。

他にもガラス製取っ手付メジャーカップは無印良品や貝印などの現行製品や、ネットオークションなどでアンティーク商品も見かけ、ちょっと欲しくなる時もあるが、まだ一応我慢している。014.gif
ま、このくらいあれば十分満足だし、と。
と、言うより、既にあり過ぎだろう。008.gif

実は他にも最初の頃に集めた取っ手なしのビーカータイプやグラスタイプとか、ガラス製ではなく陶器製のメジャーカップなどもまだ腐るほどあるのだ。047.gif
いずれ機会があればその2としてアップするかも・・・006.gif


ちなみにメジャーカップで食事すると、こんな感じ・・・(笑)037.gif
e0229564_16181164.jpg

e0229564_211119.jpg

[PR]
by lltj | 2015-07-01 15:37 | 調理器具 | Comments(0)

個食は、準備→仕込→調理→食事→片付までがワンセット。豪華さよりも簡潔さ!


by Tabeo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

応援ボタンクリック 感謝致します

最新の記事

サバの照り焼きとカタ焼きそば
at 2017-11-17 22:52
牛丼
at 2017-11-15 00:01
トーストのガッツリ朝食
at 2017-11-12 22:11
肉野菜炒め
at 2017-11-08 16:14
ウインナーチャーハン
at 2017-11-06 17:03

検索

ブログジャンル

タグ