趣味の調理器具シリーズ 陶器スキレット

e0229564_102362.jpg


ここ数年スキレットが流行っているらしい。
ウチにも鉄製の一般的なスキレットの他にお気に入りの陶器スキレットが数点あるので、並べてみた。

陶器はオーブン、ガスレンジ、直火の他に電子レンジにも使える万能調理器具で重宝している。しかも、そのままお皿として食卓に出すこともできるので食器としても気に入っている。

以下その紹介

★画像手前のスキレット。
フィッギオのミドルサイズ(約17cm)スキレット。
フィッギオは1941年創業の北欧ノルウエーの陶器ブランドで高品質なテーブルウェアとして世界中に食器を輸出しているメーカー。
書かれている図柄に「ロッテ」や「サガ」、「デイジー」、「フォークロア」、「マーケット」など色々なシリーズがあり、これは「ロッテ」シリーズで手書きのメルヘンチックな女性がなんとも北欧的で愛らしく一番のお気に入り。
この女性の図柄も色々あってどれも素敵なのだが集めたらきりがないので今は一枚でグッと我慢している。

★画像右側のスキレット。
同じくフィッギオのスモールサイズ(約13cm)
こちらは「バイキング」シリーズ、
「青と緑で表現された花が幻想的でかわいらしく、地色は薄っすらとしたグレーなのでシックな雰囲気もあり、可愛らしすぎないところが大人の方でも使っていただけるデザイン」
とのこと。
これもお気に入り。焼きモノの他にちょっとした小皿的な出番に活躍している。刺身や餃子のタレなどにも。

★画像左側のスキレット。
コーニングのスキレット(約17cm)
コーニングはパイレックスブランドを作った米国の特殊ガラス、陶器、セラミック会社。日本ではイワキガラスがライセンス生産をしている。
このスキレットはパイロセラムで、横にブルーコーンフラワーが描かれたシリーズ。
「パイロセラムとは、特殊処理によって結晶化させたガラスのセラミックスで、見た目は磁器に似ているが、強度がとても高く、特徴は
・煮る・焼く・揚げる・炒める・炊くに使え、
・直火でも急熱・急冷にもびくともしない。
・冷蔵庫から出して、すぐに電子レンジ・オーブンもOK。
とのこと。
確かに頑丈そうでグラタン、パエリアなどに活躍してる。真っ白なシンプルさもクール053.gif

★画像奥は取っ手付き陶板
いわゆる萬古焼の陶板(約23cm)
萬古焼とは
「いつまでも変わらない永遠の生命を持つ」という意味を込めて「萬古」・「萬古不易」の銘を押したことが萬古焼の名前の由来となったそう。
大きな特徴として、「萬古焼土鍋はその陶土にあります。耐熱性に特にすぐれガスレンジや炭火等の空焚きや直火に対しても、高度の耐久性を発揮します。それは陶土原料に含まれるリチゥム鉱石の働きによるもので、この鉱石が陶土中に約40%前後の含有が有るために直火にかけたり空焚きに対しても耐える十二分に耐える商品が開発できるのです。」
だそう。
しかし、本品、買ったその日に台所でちょっと落としたら縁があっさり欠けてしまった。多分名前だけの萬古焼だったみたい。
ま、ネットで700円で買ったものなので多少の欠けは気にせず使っている。

ホント言うと、これらの陶器スキレットは調理に使うのより皿としての出番の方がみな多い。 037.gif
[PR]
by lltj | 2016-09-20 10:11 | 調理器具 | Comments(0)

個食は、準備→仕込→調理→食事→片付までがワンセット。豪華さよりも簡潔さ!


by Tabeo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

応援ボタンクリック 感謝致します

最新の記事

卵カレー
at 2017-05-27 11:04
豚角煮
at 2017-05-23 01:07
麻婆風春雨
at 2017-05-15 08:25
さつま揚げと薄揚げのチャーハン
at 2017-05-07 18:34
酢鶏
at 2017-05-04 09:45

検索

ブログジャンル

タグ