カテゴリ:調理器具( 24 )

銅鍋

e0229564_00334985.jpg
先日、湯沸かし用に使っている銅鍋を空焚きしてしまった。
湯を沸かしてるのをすっかり忘れてテレビ観ていたらどうも焦げくさい・・・
台所を見たら空焚きで鍋の柄が真黒に焦げて煙すら出ていた。
焦げくさいわけだ。
鍋の内側の錫メッキもほぼ焼けおちて銅の地金がむき出しになってしまった。
鍋底にこびりついていた緑青も焼けて綺麗になくなっていた。

なんか、年季がますます入ったようになって少し気に入ってしまった。
柄は一度抜き取り、焦げた部分を切り落として再び挿し戻したので少し短くなった。


[PR]
by lltj | 2017-10-16 00:45 | 調理器具 | Comments(0)

土鍋用ガラス蓋(趣味の鍋シリーズ番外編)

e0229564_06125644.jpg
以前、投稿したことがあるが、現在炊飯に使っている


の土鍋に合うガラスの蓋をようやく手に入れることができた。
それも、普通の形のガラス蓋ではなく円錐形のタジン鍋に使うようなガラス蓋でほぼ理想の蓋。
これで炊飯経過がバッチリ見えて噴きこぼれの心配もなくなった。

だいぶ前に投稿した「趣味の鍋シリーズ」



でも、書いたが鍋の蓋をガラス蓋にするのがこだわりの一つだった。
それをやっとほぼ揃えることができて、とっても幸せ。178.png

土鍋もガラス蓋も割らないように気を付けて使わねば・・・

ちなみにSTAUB鍋だけは無水調理をする必要上、ガラス蓋には替えてない。



[PR]
by lltj | 2017-10-03 06:07 | 調理器具 | Comments(0)

趣味の調理器具シリーズ 陶器スキレット

e0229564_102362.jpg


ここ数年スキレットが流行っているらしい。
ウチにも鉄製の一般的なスキレットの他にお気に入りの陶器スキレットが数点あるので、並べてみた。

陶器はオーブン、ガスレンジ、直火の他に電子レンジにも使える万能調理器具で重宝している。しかも、そのままお皿として食卓に出すこともできるので食器としても気に入っている。

以下その紹介

★画像手前のスキレット。
フィッギオのミドルサイズ(約17cm)スキレット。
フィッギオは1941年創業の北欧ノルウエーの陶器ブランドで高品質なテーブルウェアとして世界中に食器を輸出しているメーカー。
書かれている図柄に「ロッテ」や「サガ」、「デイジー」、「フォークロア」、「マーケット」など色々なシリーズがあり、これは「ロッテ」シリーズで手書きのメルヘンチックな女性がなんとも北欧的で愛らしく一番のお気に入り。
この女性の図柄も色々あってどれも素敵なのだが集めたらきりがないので今は一枚でグッと我慢している。

★画像右側のスキレット。
同じくフィッギオのスモールサイズ(約13cm)
こちらは「バイキング」シリーズ、
「青と緑で表現された花が幻想的でかわいらしく、地色は薄っすらとしたグレーなのでシックな雰囲気もあり、可愛らしすぎないところが大人の方でも使っていただけるデザイン」
とのこと。
これもお気に入り。焼きモノの他にちょっとした小皿的な出番に活躍している。刺身や餃子のタレなどにも。

★画像左側のスキレット。
コーニングのスキレット(約17cm)
コーニングはパイレックスブランドを作った米国の特殊ガラス、陶器、セラミック会社。日本ではイワキガラスがライセンス生産をしている。
このスキレットはパイロセラムで、横にブルーコーンフラワーが描かれたシリーズ。
「パイロセラムとは、特殊処理によって結晶化させたガラスのセラミックスで、見た目は磁器に似ているが、強度がとても高く、特徴は
・煮る・焼く・揚げる・炒める・炊くに使え、
・直火でも急熱・急冷にもびくともしない。
・冷蔵庫から出して、すぐに電子レンジ・オーブンもOK。
とのこと。
確かに頑丈そうでグラタン、パエリアなどに活躍してる。真っ白なシンプルさもクール053.gif

★画像奥は取っ手付き陶板
いわゆる萬古焼の陶板(約23cm)
萬古焼とは
「いつまでも変わらない永遠の生命を持つ」という意味を込めて「萬古」・「萬古不易」の銘を押したことが萬古焼の名前の由来となったそう。
大きな特徴として、「萬古焼土鍋はその陶土にあります。耐熱性に特にすぐれガスレンジや炭火等の空焚きや直火に対しても、高度の耐久性を発揮します。それは陶土原料に含まれるリチゥム鉱石の働きによるもので、この鉱石が陶土中に約40%前後の含有が有るために直火にかけたり空焚きに対しても耐える十二分に耐える商品が開発できるのです。」
だそう。
しかし、本品、買ったその日に台所でちょっと落としたら縁があっさり欠けてしまった。多分名前だけの萬古焼だったみたい。
ま、ネットで700円で買ったものなので多少の欠けは気にせず使っている。

ホント言うと、これらの陶器スキレットは調理に使うのより皿としての出番の方がみな多い。 037.gif
[PR]
by lltj | 2016-09-20 10:11 | 調理器具 | Comments(0)

趣味のガラス製取っ手(把手)付メジャーカップ(ファイアーキング、パイレックス、ハリオ、リビー、・・・)

e0229564_12353341.jpg


久々、趣味の厨房用品シリーズ。
今回はガラス製取っ手付メジャーカップ。

日本でガラスメーカーと言うと建材、自動車用などの旭硝子や板ガラスなどから、眼鏡のHOYA、レンズのニコン、オリンパスなど色々あるが、厨房用品や食器などでガラス製品を作っているメーカーはイワキガラス(パイレックス)とハリオが有名で一般的でそれ以外のブランドとなるとなかなかお目に書かれない。
イワキはガラス製保存容器、ハリオはコーヒー関係のガラス製品でもよく見かけると思う。
そして、ガラス製のメジャーカップもこの二大メーカーのものがほとんどで、他には海外メーカーかアートやオリジナルなデザインを売りにしているものをたまに見かける程度。
ガラス製メジャーカップでも取っ手のない単なるカップ、グラス型やビーカー型のメジャーカップならけっこう種類を見かけるが、取っ手付となるとグッと少なくなる。

昔からちょこちょこ集めていたので、ちと紹介。037.gif
ただ、メーカー別、デザイン別、容量別まで全て集めるとキリないので、自分の好きな、そして実用として使うぐらいに限定している。
(※全ての製品は耐熱だが、肉厚ガラスと普通ガラスの区別のために肉厚の製品に耐熱ガラスと書いた)
(※また、製品名に張ってあるリンクは商品の詳細説明のためで推奨購買先と言うことではありません。)

ファイアーキング 耐熱ガラスメジャーカップ 500ml
ウチにあるメジャーカップの中で最大。この上の大きさになると1000mlで、個食調理にはまず必要ないので、ホントは集めたいのだがまだ我慢している。
ファイアーキングは米国でパイレックスと並ぶ二大ブランドで日本でも一般的と思う。
当然パイレックスにも同じようなデザイン、サイズのものあるが、こちらの方が背高で取っ手の長さが若干長くてもち易いのでこっちを選んだ。
計量の他にレンジでラーメンなど作るのにも使っている。

パイレックス 耐熱ガラス広口(ジョウゴ)型メジャーカップ 250ml
他のメジャーカップと形がだいぶ違い逆円錐形のジョウゴ型のメジャーカップ。
目盛は250mlまでしかないが、満タンだと丁度500mlぐらいまで入る。
使いやすくお気に入りでけっこう使用頻度が高い。使いやすいと言うのは計量としてより、納豆を混ぜたり、ヨーグルト食べる時などに食器として使用した時。

メリタ ミルククリーマー 250ml
コーヒーは好きでコーヒー関連の売り場でたまたま見つけた。ちゃんと目盛が入っていてしかも取っ手付。一目で気に入ってしまった。
縦に細長いのでメジャーカップとしてよりビールグラスに丁度いい感じ。
ただ、これで本来の用途のミルククリームはまだ作ったことがない。

ハリオ 耐熱ガラスメジャーカップ 250ml
以前から売っていたのだろうが最近見つけたハリオ製の肉厚ガラスのメジャーカップ。同じようなカップでは既にファイアーキングの250mlなども持っていたが、若干口径が広く安定安心感があったのでつい買ってしまった。

リビー メキシコ製メジャーカップ 240ml
場所忘れたが、モールなどにある小ジャレた輸入雑貨店で見つけて買った。珍しくメキシコ製。
変わっているのが、目盛が印刷ではなく浮き彫りになっている事と、1カップが240mlとなっている事。
日本の1カップは200mlで、欧米の1カップは250mlと国によって容量が違うことは知っていたが、1カップが240mlと言うのは初めてみた。

イワキ メジャーカップ 200ml
一番よく見る一般的なビーカー型に取っ手が付けてあるメジャーカップ。この肉厚の薄いガラスの普通タイプのメジャーカップは計量の他にコーヒーや紅茶を飲むのにも使っている。
訪ねてきた知人にこれでコーヒーを出すと意見が真っ二つ、「だっせぇ~!」と言うのと「おっしゃれ~!」と言う感想。

⑦メーカー名不明 フランス製耐熱ガラスメジャーカップ 250ml
相当昔、浅草の合羽橋道具街で特価で安く売られていた。
普通のメジャーカップだと目盛以外はブランド名が書いてあるだけの実用的なデザインのものがほとんどだが、これは、目盛以外にいたずら書きのような絵が書かれていて、それがいかにもフランス的なシャレた遊び心のデザインだったので思わず買ってしまった。
”bon appétit”(ボナペティ)と可愛く書いてあるが、ブランド名はまったく書かれてない。
大きさ的にウチのアク取りを受けるのに丁度いいサイズなので煮物の時は必ず出番がある。

パイレックス 小型メジャーカップ 100ml
取っ手のないメジャーカップなら10ml、50ml、100mlなどの小さいものはビーカータイプやショットグラスタイプなどで目にすることはあるが、取っ手付で100mlは初めて見つけて即買いをしてしまった。
メチャ可愛くて気に入っている。
水溶き片栗粉を溶く時や、個食分の合わせ調味料を作る時などに重宝している。

ハリオ メジャーカップ 200ml
⑥のイワキのサイズと同容量。イワキの方はビーカータイプだが、こちらはテーパーがつけてあって少し広口になっている。目盛には普通の液体の他に砂糖用、小麦粉用なども書かれている。
個人的はこちらのデザインの方が気に入っている。
実際の計量の使用頻度はこれが一番高い。そのため割る事も多く、すでに3回ほど新しく買っている。
定番商品なのでいつでも近くで簡単に手に入るのも気に入っている。

栗原はるみデザイン メジャーカップ250ml
日本では1カップが200mlということで、普通、国産の肉厚の薄いガラスのメジャーカップでは目盛は200mlまでしか書かれていない。これは珍しく250mlまで書かれていて若干大き目になっている。
ほとんど特別な使い道はないがなんとなく欲求に負けて買ってしまった。
名前が入るだけでちと高くなるのが・・・002.gif

イワキ メジャーカップ 200ml
⑥のイワキのメジャーカップとメーカーも容量も同じだが、こちらは少し口径が細く背が高い。最大の違いはこちらの目盛にはこめ、さけ一合の目盛が付いている事。
と言うことでお米を量るのに使っている。

ファイアーキング 耐熱ガラスメジャーカップ 250ml
①ファイアーキングの250ml版。デザイン的にもほぼ同型の縮小版。なんせ肉厚で頑丈そう。多少落としてもぶつけても割れそうもない。
肉厚の薄いタイプのメジャーカップは実際に何度か割って買い換えているものもあるがこの肉厚タイプはまだ割った事がない。

他にもガラス製取っ手付メジャーカップは無印良品や貝印などの現行製品や、ネットオークションなどでアンティーク商品も見かけ、ちょっと欲しくなる時もあるが、まだ一応我慢している。014.gif
ま、このくらいあれば十分満足だし、と。
と、言うより、既にあり過ぎだろう。008.gif

実は他にも最初の頃に集めた取っ手なしのビーカータイプやグラスタイプとか、ガラス製ではなく陶器製のメジャーカップなどもまだ腐るほどあるのだ。047.gif
いずれ機会があればその2としてアップするかも・・・006.gif


ちなみにメジャーカップで食事すると、こんな感じ・・・(笑)037.gif
e0229564_16181164.jpg

e0229564_211119.jpg

[PR]
by lltj | 2015-07-01 15:37 | 調理器具 | Comments(0)

趣味の鍋シリーズその2(ハリオ、フィスラー、ビジョン、ル・クルーゼ、姫野作、無印良品、他・・・)

e0229564_1531684.jpg


朝から冷たい雪と雨が降り続いていて外に出る気も起こらない。
と言うことで久しぶりに趣味の鍋シリーズをまとめてみた。
以前アップした2013年からまたまた性懲りもなくちょこちょこ買って増えてしまった鍋たちの一部を紹介037.gif

①ハリオ、ガラスフタ土鍋 8号(約24cm)
<http://www.hario.com/seihin/products_detail.php?product=MN-225B>
土鍋を一つ欲しいと思っていたが、以前から鍋のフタは透明なガラス、のこだわりがあって探し当てたのがこれ。国内ガラス食器の二大メーカーの一つのハリオ製。
ハリオと言うとコーヒー系の器具の方がメジャーなイメージだが、こんな土鍋や炊飯鍋も作っている。
フォルムデザインはちと浅目だが、おでんなどに丁度良く重宝している。
一つ難点はメーカーとして売りの一つなのだろうがフタの頂点にある鍋つかみの真ん中に蒸気穴が空いているので、いつも他の鍋のフタと同じように普通に掴んで手のひらに蒸気を浴びて熱い思いをすること。
何度もやって懲りたので今ではこの蒸気穴はアルミのネジでふさいでいる。

②フィスラー、マルチポット(約14cm)
<https://www.fissler.jp/index.html>
このマルチポットは今フィスラーのHPから消されている。日本での販売はなくなったのかも。ただ楽天やアマゾンではまだ売っている。
以前ブログにも投稿した→<誕生日プレゼントに「フィスラーマルチポット」(趣味の鍋シリーズの新顔)>時にも書いたがデザイン一目ぼれで買ってしまった。
見た目よりゴツイ。普通の鍋に比べて深めなので、チャーシューを作ったりする時に重宝している。
ガラスのフタはフィスラー純正だと2000円以上もする。005.gif
100均の14cmでピッタリなのでそれで十分実用になっている。

③ビジョン ガラス製ソースパン 1.5L
日本語版のビジョンのHPが見つけられなかったが、このサイトにガラス鍋について詳しく書かれている。
<http://blog.tokyo-gas.co.jp/cafe/cookwear/2012/10/glass-pan.html>
調理に関しての特徴は
*鍋からの溶出物がない
*汚れがつきにくく、落としやすい
*直火、レンジ、オーブン、いろいろな用途で使える
*保温性が高い
*中の様子が分かるので調理のタイミングを把握しやすい
(by レトロ雑貨のある暮らし)
だそうだ。
実際使ってみるとわかるが湯が湧いてくる様子がはっきり見えるので火力の調節が小まめにできる。
この鍋についても既に以前投稿している→<趣味の鍋シリーズ:ビジョンガラス鍋>
1.0Lの小さい方でもよかったのだが、そっちは注ぎ口が付いているのがどうも鍋っぽくなくて注ぎ口のないこっちにした。

④ル・クルーゼ、ソースパン 18cm
<http://www.lecreuset.co.jp/onlineshop/saucepan.html>
ま、誰でも知っている超有名メーカーの鍋で説明の用もないだろう。
デパートなどではこの片手のソースパンはあまり見ることはないが、一目で気に入ってしまった。
洋鍋だが実際にはうどんやそば、肉豆腐などの和食にも使っている。もちろん茹であげてそのまま食卓へ持って行って直に食べている。042.gif
ルクルーゼは無水調理用の鍋ではないので、フタはいつものようにちょうど合うガラス蓋に変えた。

⑤鍋工房 姫野作 本手打アルミ行平鍋 五寸(約15cm)
<http://www.d-department.com/shop/item_detail/7978021004702897/>
以前使っていた雪平鍋でもまったく問題なかったのだが、もっと肉厚の本格的なものを見つけ、欲望に負けて買い換えてしまった。多分普通の雪平の3倍以上の肉厚。
アルミだががっちりとした重量感があり、超お気に入り。
まったく存じ上げないが作者の「姫野」さん、って匠として有名みたい・・・

⑥アサヒ 食楽工房 銅製ミルクパン 0.75L(約12cm)
<http://www.asahi-spoon.jp/>
銅は熱伝導率が高く効率よく速く湯が湧かせるのでお茶やコーヒーなどに薬缶代わりに利用している。洗うのもメンドイので湯しか沸かさないようにしている。
外側のミラー仕上げのクリアーエナメルは使いこんでいるうちに焼け剥がれてしまった。そのため銅本来のくすんだ色合いになり、鍋底には緑青も浮いている。が、外側なので気にせずそのまま使っている

⑦ラ・プシェロ? 陶器キャセロール 5吋(約14cm)
<http://item.rakuten.co.jp/utsuwanomori/w0265/>
買った時の栞を無くしてしまった(もしかしたら付いてなかったかも・・)のでメーカーがイマイチあやふやだが、多分、デザイン的にこのメーカーと思う。ただ、画像のキャセロールよりはだいぶ深め。
基本グラタン用なのだろうが、ウチではラーメンやうどんにも使っていて重宝している。
このキャセロール用のガラス蓋は探すのにけっこう苦労した。直径13~14cmのガラス蓋、ってなかなかない。

⑧アイザワ工房 手付き計量カップ 200cc
<http://www.kobo-aizawa.co.jp/>
鍋ではないが、ちょっとしたソースやタレを作るのに使っている。以前にも書いたが「アイザワ工房」のデザインは好きでつい買ってしまう。

⑨無印良品 計量カップ 200cc
<http://www.muji.net/store/cmdty/section/T20014>
これもソースやタレ用。計量に使うことはほとんどない。デザインは旧バージョンのため直線的で今売られている丸っこい形とはだいぶ違う。自分的にはこの旧バージョンのデザインの方が好きだったので無くなる前に慌てて買った。


相変わらず無駄な散財をしている自分に呆れる005.gif
でも、もう、だいたい鍋類に関しては満足してきた。それに、これ以上はもうキリないと言うこともやっと理解したのでだいたいこの辺で打ち止めになると思う。


以前投稿した一回目の<趣味の鍋シリーズ(STAUB、AKAO、浅釜、アイザワ、DANSK、WMF、他・・・)>
e0229564_15322646.jpg

[PR]
by lltj | 2015-01-30 16:37 | 調理器具 | Comments(3)

まな板のメンテナンス

e0229564_9442735.jpg


久しぶりに削った。
このまな板、買って7,8年は経つと思うが、まだ3,4回しか削りなおしをしてない。
2,3年に一回の計算になるが、本当はもっと小まめにメンテナンスをしなくちゃいけないんだよなぁ・・・

昔、工務店で大工さんのアルバイトをやっていた時、その大工さんたちから、
「あんちゃん、職人の腕ってのは、そいつの使っている道具を見れば一発でわかるんだぞ~、道具の手入れだけはちゃんとして置けよ~ 」
と、やんわりと諭され、ズッシ~ンと心の奥底まで響いた一言が未だに忘れられない。

いくら良い道具や高級な機器を持っていてもちゃんとメンテナンスしなければその価値は半減するもんな。
もう少し、小まめにメンテしなくては・・・と改めて反省040.gif

しかし、今の世の中、料理研究家を自称してそれを職業にしている人たちが大勢いるが、その人たちが使っている道具や機器のメンテナンスをどのくらい小まめにやっているのか?ちと知りたい気もする・・・

ちなみに、このまな板、一応、「ひのき」
とは言っても、「ベイヒ(米檜)」
ネットの木材博物館によると、
「北米で産出されるヒノキ科の木で、日本のヒノキとよく似ており、ベイヒだけに見られる特徴としては墨の吸収が少ない事があげられ、看板材などに向いているとされています。
日本ではヒノキの代わりによく使われており、変色菌がやや付きやすい事以外は日本のヒノキと殆ど変わりません。
耐朽性、保存性が高く、酸に対する抵抗もあります。また、表面の仕上げは良好で光沢がでます。」
とのこと。
目も細かくて濡れても乾いても反りも出ないしけっこう気に入っている。
[PR]
by lltj | 2014-10-28 09:54 | 調理器具 | Comments(0)

誕生日プレゼントに「フィスラーマルチポット」(趣味の鍋シリーズの新顔)

e0229564_10142092.jpg


また一つ歳をとってしまった・・・007.gif
この歳になると誕生日は嬉しい、というよりちょっとショック。
それに、世間的には相当のおっさんになっているのだが、歳相応の人生を送ってないし、人格も築かれていないので年齢を言うのが恥ずかしい。
ぶっちゃけ、精神年齢は30代で止まっていると思うし、20代の女性ともまだまだ恋が出来ると思っているのだが・・・
現実は誰も相手にしてくれない002.gif

と言うことでいつものことだが自分で自身に誕生日プレゼント003.gif

今年は、ジャ~ン!060.gif
「フィスラーのマルチポット」!016.gif

実はこれ、去年の冬、デパートで初めて現物を見た時から一目惚れ!
デザイン、サイズ、使いやすさなどチョ~お気に入り
鍋底裏の刻印もメチャかっこいいと思う049.gif
e0229564_101481.jpg

約1年間我慢してやっと購入。

ネットの説明では
「中でも、小型鍋シリーズのフィスラーのマルチポットは、どんな用途にも気軽に使い易く、愛用者からの口コミでも好評です。小さめサイズの鍋なので、少人数の調理や飲み物を温めたい時などに活躍できる商品です。
構造は、ステンレスとアルミニウムを使った3層で出来ており、軽量なのに底はしっかりした作りで、重さを感じず持ちやすいのが喜ばれています。
また、広がった淵は吹きこぼれや液だれしにくくなっていたり、ステンレス製で料理の色移りや焦げ付きも少なかったりと、多くの口コミでも買ってよかったと人気を集めています。
このマルチポットは、一人分の料理を作る際に、大変活躍できる商品です。おかゆやスープを温かいまま提供できたり、ミルクを温めても温度がゆっくり下がるので、膜が出来にくい点でも高い評価を得ています。
そしてマルチポットのデザインでは、下向き取っ手が付いているのも特徴的で、液体をこぼさず注げ、便利に使えます。
また、幅広い加熱調理器にも対応でき、飲み物をそのまま温めておく事もできます。」
などと書かれている。

ま、要は単なる片手鍋なんですけどね。006.gif

さてさて、使い始めにまず何を作るか・・・?
やっぱ「サッポロ一番塩ラーメン」かな・・?

しかし、一人暮らしの個食なのにいったいいくつ鍋を持っているんだ!047.gif
って、話だよなぁ・・・
<趣味の鍋シリーズ(STAUB、AKAO、浅釜、アイザワ、DANSK、WMF、他・・・)>
e0229564_10512830.jpg

いい加減にしろ!って047.gif
[PR]
by lltj | 2014-10-23 10:37 | 調理器具 | Comments(2)

ウチのザルたち

e0229564_1325451.jpg


いつの間にか増えてしまったウチのザルたち。
左から
20cm・・・キャベツの千切りなどの時に
18cm・・・目が細かい種類なのでケーキ作りの粉漉しに
15cm・・・一番使いやすく野菜の水切り、麺の湯切りなどなんでも
10cm・・・たまに使う。あると便利なサイズ
7cm・・・茶漉しと粉糖かけ

個食でここまで揃える必要もないだろうに・・・047.gif
[PR]
by lltj | 2014-09-27 13:12 | 調理器具 | Comments(0)

お弁当ケース(アラジンのアコーディオンコンテナ)

e0229564_13274993.jpg


たまにキャンプとかハイキングに行くことがある。
現地で火を使ってラーメン作ったりもいいが、ガスコンロや鍋や食器準備するのがメンドイ気がするので、日帰りの時はたいていお弁当を持って行く。
以前はおにぎりやお稲荷さんを握ってラップに包んだり、タッパウエアに入れて持って行ってたが、最近、ちょっと気に入った弁当ケースを発見してしまった。
メーカー、商品名は「ALADDIN(アラジン)のアコーディオンコンテナ」

このケース、シリコン製で折りたたみが出来て、蓋もOリングのパッキン付きでちゃんと密封できる優れもの。049.gif
シリコン製だがケースの強度もそこそこありしっかりしていて、ザックの中で潰れることもない。
タッパウエアは食べ終わって中身がカラなのにザックの中で場所を取るのがどうにも許せなかったのだが、これは食べ終わってカラになったら折りたたんで小さく出来るので、チョ~気に入ってしまった。
フタもちゃんと密封できて閉まるので、別段おにぎりにしなくてもご飯をそのまま詰められるのもいい。
ご飯一合炊くと丁度一杯になる容量もお手頃。
小さい方はちょっとしたおかずケースに利用している。

東急ハンズやロフトなどちょっと小ジャレたキッチン用品を売っているお店なら多分置いているはず。勿論ネットで検索すればいくらでも見つかる。

ちと、お勧めかも・・・


折りたたむと小さい容器が大きい容器にピッタリ収まるのも気に入っている。053.gif
e0229564_13431119.jpg

[PR]
by lltj | 2014-09-10 14:01 | 調理器具 | Comments(0)

目盛付き水差し

近くに出来た大型家具店を探検に行った。
探検したのはダイニングとキッチンのコーナー。

ウインドショッピングのつもりが・・・
この家具店にはウインドウがないのでつい手に取って見てしまう。
そうするといつもの「欲しい欲しい病」が再発してしまう007.gif
「また、いつでも来れるんだからいつでも買えるじゃん」
と治療したのだが、念のため店員に聞いてみた
「定番商品のようなものはづっとありますよね~」
「商品にもよりますが、一応年4回ほど商品の入れ替えがありますので、なんともお答え出来かねます」
と言われてしまった。
「ん~ん・・・」
キッチン用品、って、意外とデザインの移り変わりがあるんだよなぁ・・・

迷ったが結局買ってしまった、そんなに高いもんでもないし・・・
「目盛付き水差し」
シンプルなデザインに一目惚れしてしまった。
普通に水の分量を量る以外にもワインクーラーにも使えそう。006.gif
e0229564_14514656.jpg

[PR]
by lltj | 2014-04-20 15:04 | 調理器具 | Comments(0)

個食は、準備→仕込→調理→食事→片付までがワンセット。豪華さよりも簡潔さ!


by Tabeo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

応援ボタンクリック 感謝致します

最新の記事

食べ過ぎてはいけない「危険食..
at 2017-10-20 22:25
食べ過ぎてはいけない「危険食..
at 2017-10-20 22:25
キャベツ肉炒め(&その他のキ..
at 2017-10-18 10:39
銅鍋
at 2017-10-16 00:45
酢鶏
at 2017-10-13 00:38

検索

ブログジャンル

タグ