<   2013年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

常備菜、切干大根で・・・

切干大根は安いし活用範囲が広いので常に常備している。
以下、そのバリエーションの一部・・・
どれも簡単にできるし安上がり。
煮て味の染み込んだ切干大根もいいし、戻して和えただけのコリコリ感の切干大根も好き。

その1、油揚げとの煮物
e0229564_21432458.jpg

その2、梅肉とゆかりの和えもの
e0229564_2144837.jpg

その3、ツナマヨ和え
e0229564_21564285.jpg

その4、塩コンブの一夜漬け
e0229564_21581728.jpg

その5、カレー煮
e0229564_21595985.jpg

その6、わかめとの酢の物
e0229564_2204368.jpg


まだ他にも適当に作っているのでそのうちまたアップします
[PR]
by lltj | 2013-02-27 22:07 | 副菜 | Comments(2)

餃子のカッコイイ焼き方・・・?

餃子は好きで、1,2週間に一度は自作のを焼いて食べている。

餃子自体の味に不満はないのだが、どうも未だにカッコよく焼けない・・・・007.gif

最初に熱湯を入れて蒸し焼きにして、10~12分したらフタ取って少し油垂らして焼きあげているのだが・・・
なんかいつも少し焼きすぎになってしまう。

並べ方もイマイチ決まらない・・・

なんだかなぁ・・・(阿藤快風)・・・025.gif

e0229564_22411711.jpg


e0229564_22413666.jpg


e0229564_22415579.jpg


e0229564_22424329.jpg

[PR]
by lltj | 2013-02-26 22:54 | 主菜 | Comments(0)

たこ焼き風バリ焼き、その4:ザーサイ

久しぶりにバリ焼きシリーズ。
最近はまっているのが、下の画像にある、中国製「ザーサイ」。
アメ横の地下のアジア系食材専門の食品センターで一袋50円で売られている。
多分大手商社も通してない直輸入品の感じ。
以前は3袋100円で売っていた店もあったのだが、最近は、円安の影響か、中国のインフレのためかどこの店でも一袋50円になってしまった。
もし中国語ができればまけさせる交渉は出来そうだがあいにくしゃべれない。
それでも国内食品メーカーの桃屋とかのザーサイと比べると値段は1/5~1/4の安さでお得感十分。

中身は「これぞ中国!」的な雑な千切りだが味は十分美味しい。
適度に塩抜きもされているのでそのままでおかずにも酒のツマミにもなる。
これをみじんに切ってバリ焼きに散らして入れる。
ウチのたこ焼き器は12穴だがザーサイ一袋分のみじん切り散らすと丁度いい分量。
他には紅ショウガやネギ、揚げ玉などその時あるもの適当に入れる。

魚介、肉系も入っておらずベジタリアン的バリ焼きだが、けっこう美味しいし、ザーサイのコリコリした歯ごたえもいい。

なんと言って材料費が安い!

ザーサイ1袋=50円
紅ショウガ適量=5円
揚げ玉適量=5円

生地の小麦粉は最近やはりじりじり値段が上がってきてるが、それでも50~60gの分量なら7~8円
材料費全部で多分70~80円ぐらい。
最後のタレのソースやマヨネーズ、青のり、かつお節粉など含めても100円しないで十分お腹も一杯になる。
貧乏人の食事と言うか、おやつには大助かりである。

ただ、これを焼いていると、どうも一杯飲みたくなるのが・・・068.gif

e0229564_10333594.jpg


中国製「ザーサイ」
e0229564_1034428.jpg


過去のたこ焼き風バリ焼きシリーズは・・・

<たこ焼き風バリ焼き、その1:さらみ&たくわん&ネギ>

<たこ焼き風バリ焼き、その2:ウインナー&オニオン>

<たこ焼き風バリ焼き、その3:イカ味噌焼き+コーン>
[PR]
by lltj | 2013-02-25 11:04 | Comments(0)

ロールキャベツのひよこ豆スープ煮

二週間前に作った<ロールキャベツ>、今回はひよこ豆の煮物に投入してみた。
ロールキャベツ一個では寂しいので茹で卵も入れて煮合わせてみた。
気がついたらロールキャベツの中身がチキンランチョンミートなので親子煮になっていた(笑)

ひよこ豆の煮物はナトゥールの野菜ブイヨンで味付け。
塩味は、シェフポールのマジックシーズニングブレンドのポルトリーを使用。
ポルドリーは鶏料理用というからチキンランチョンミートにも合うだろうと。

野菜ブイヨンのコクとポルトリーのピリッとしたスパイスの相性もよく、大変美味しく頂きました。038.gif

あまりに美味しかったので、ひょっとして、大豆よりひよこ豆の方が好きになったかも・・・053.gif
e0229564_152186.jpg

[PR]
by lltj | 2013-02-24 15:36 | 主食 | Comments(0)

鏡餅でモチ巾着

正月の鏡餅を食べる鏡開きは確か、1月の11日?
既に一か月以上もずれて遅くなったが、ようやく鏡餅を食べきった。
怠慢、としか言いようがない。
近年の大手メーカーの作る鏡餅はお供え餅の形のプラスチック容器の中にお餅が入っていて、完全密閉で賞味期限が三カ月、半年、長いものだと1年もある。
まだ大丈夫とほっぽいておいたが、さすがいい加減消化せねば・・・と個人的鏡開きをして中のモチを食べ始めた。
昨年暮れに買った鏡餅は、中のモチが個別包装されているものではなく容器の形全部にお餅が詰まっているお得なタイプだった。
多分、個別包装の3~4倍の内容量。

超、お得なのだが、この鏡餅を食べやすく切り分けるのがけっこうめんどかった。
どう、切っても四角にはならないし、厚みもそろわない。そして切りくずがポロポロこぼれる。
始めの頃はなんとかいちょうの形のモチにして焼いたり煮たりして食べていたが、最後の方になるともうまともに焼ける形にもならなかったし、細かい破片は煮ても溶けてなくなるだけだった。

どうにか上手く食べる方法はないか?と思案してやっと思いついたのがモチ巾着。
ボロボロの欠片や破片、いびつな形の塊など適当に砕いて、油揚げに入れて口を縛って巾着にした。
我ながらいいアイデアだった。

おでんでもあればよかったが何もなかったので適当にシイタケ汁作って巾着煮て干しエビ、ネギ散らして食べた。

味がどうのこうのよりやっと正月のお餅を全部無駄なく食べきったことに満足してしまった。038.gif

e0229564_12461612.jpg

[PR]
by lltj | 2013-02-23 13:14 | 主食 | Comments(0)

サバのトマトソースあんかけ

サバをたまには洋風に、と言うことで今日はサバに小麦粉振ってフライパンで焼いて、自作トマトソースを乗せてみた。
今回のトマトソースは塩味にアンチョビを使っているので魚介同士でちょうどいい相性だったみたい。

77円のノルウエー産の特売冷凍サバでもけっこう美味しく食べれた。

高級レストランでもあるまいし、器、ちょっと大きすぎだろう!042.gif

e0229564_1948837.jpg

[PR]
by lltj | 2013-02-22 19:57 | 主菜 | Comments(0)

花粉症対策の食材「すりつぶしたいちごが最強」と専門家

昨年、北九州工業高等専門学校の川原浩治教授(細胞工学)が、いちごに花粉症などのアレルギー症状を抑える成分が含まれていることを突き止めた。川原教授は、国際特許も出願。国際バイオ展示会でも発表したとのこと。
実験では、人間の血液から採取した細胞の培養液にスギ花粉を入れ、花粉症を発症したモデルとなるヒト細胞を作製し、にんじんや玉ねぎなど約190種類の食品でサンプルが取られたという。
その結果、すりつぶしたいちごから抽出した液を加えると、アレルギーの引き金となるIgE抗体が減少。分析の結果、いちごの成分であるGAPDH(グリセルアルデヒド3-リン酸デヒドロゲナーゼ)という酵素が作用していることが解明されたのだ。
品種によって抑制効果に違いがあることもわかった。『とよのか』ではIgE抗体の量が22.3%、『あまおう』は16.7%が減少。マウス実験では、アトピー性皮膚炎や鼻炎の症状が1週間過ぎてから改善したそうだ。ただ、マウスに与えた量は体重60キロのヒトに換算すると、1日にとよのか(1個15gとして)20個を1週間以上食べ続けたことになる。
5年前から花粉症に悩む宮川裕子さんは、いちごでの花粉対策を試した結果を次のように話す。
「すりつぶすということなので、いちごをミキサーにかけてジュースにしました。さらに、花粉症にいいヨーグルトを合わせて最強の内容に。朝晩、このジュースを7日間続けました。いまのところ、鼻水、鼻づまりも出ず、いい感じ。生のいちごをそのまま毎日とるのは大変ですが、ジュースにすればとても簡単。今年はこれで乗り切れるかも!?」
(by 女性自身)


へぇ~、ほんまかいな。
去年まではヨーグルトを食べるようにしてたけど、今年はイチゴも加えるかな・・・
しかし、毎日1パック以上のイチゴを食べ続けるのも至難の業だなぁ・・・
ちょっと無理かもな・・・008.gif

e0229564_2246954.jpg

[PR]
by lltj | 2013-02-21 22:54 | 食ニュース | Comments(0)

焼き豚丼

豚丼にするときはだいたいいつも煮ているがたまに焼いてみた。

焼き豚と言ってもチャーシューではない。
豚薄切り肉に下味つけて焼き、どんぶり飯に乗せたもので、お店などでスタミナ丼などと命名している系。
これ、簡単で手間いらずだし、肉をドンと盛るとそこそこ見栄える割りに安くできる003.gif

材料
豚薄切り肉90g=45円
紅ショウガ一つまみ=2円

ご飯0.6合=30円

調味料
砂糖大さじ1=2円
みりん大さじ1=4円
酒大さじ1=5円
醤油大さじ2=15円
ガーリックパウダー小さじ1=10円
生姜パウダー小さじ1=20円

材料費=食材80円+調味料60円=140円ぐらい・・・
肉の量に対して調味料が若干高い気がするが、ショウガ粉やニンニク粉をちと余計入れたからかも。
豚肉が安いとどうしても臭いがきつくなるのでしょうがないかも・・・
生のニンニクやショウガを使った方が香りも新鮮で消臭効果も高いのだが、常備して置くのがけっこうメンドイので最近は粉末系でちょっとチーティング(笑)

調理はメチャ簡単。
お好みで混ぜ合わせて調合した調味料(お店なら秘伝のたれと言うのだろう)に肉を2,3時間~半日ぐらい漬けこんでおいてフライパンで焼くだけ。焼きあがりに漬けダレも入れてソースにしてしまう。
漬けこみすぎるとちとしょっぱくなるのだけ気をつけた方がいいかも。
焼き網で焼くとお店っぽく本格的な感じがでていいが、キッチン中に臭いと油が広がり、漬けダレもボタボタガスコンロに垂れて後始末が大変なのでそこまで追求はしない。

焼きあがった肉をどんぶり飯に乗せタレ煮たソースかけ、紅ショウガ盛って完成。

こってりした味付けはほんとにスタミナがついた感じになる。
美味しく頂きました。

後はスタミナつけて春を待つだけ~056.gif

e0229564_1053358.jpg

[PR]
by lltj | 2013-02-21 11:30 | 主菜 | Comments(0)

ブログ始めて一周年の感想

この料理ブロクを始めて丁度一年経った。
もともと料理は嫌いじゃないし、どうせ毎日何か作って食べてるなら、ついでだし、記録や腕の向上にもつながるかと思って始めてみたブログだった。
当初はもう少し、マシなメニューや役立つ能書きが書けるか、と思ったのだが、理想と現実は人生と同じでやはり合致しないもんだった。
それに書き溜めていくうちに必然的に上達もするだろう、と思っていたのに・・・039.gif

結果は・・・
ん~ん・・・・
「☆半分」・・・かな・・・008.gif
それに中身に進歩もないなぁ・・・015.gif
というのが一年目の素直な感想・・・

それと比べ、他の人の料理ブログの写真や料理の綺麗さ、華やかさにはただただ感心するばかり。
またメニューの中身も丹精な手間が込められていてとても美味しそうに見える。
きっと、料理に対する情熱だけでなく食べさせる相手に対しての愛情もふんだんに込められている必然なんだろうな、と思う。
自分ももう少し見習わなければ・・・といつも思っている。
そして、思っているだけでは何にもならないのはわかっているのだが、ついつい楽な方へ行ってしまう。002.gif
自己満足で完結しているブログだとどうしてもこのくらいのもんになってしまうのだろうな・・・002.gif
仕方ないか・・・063.gif
この先、いつまで続けられるかわからないが、「継続は力なり」と言う格言もあるし、「そのうち少しはマシになっていくかも・・」と自分に期待もあるので(笑)これからもまだ続けてみたいと思っている。

いつも読んで頂いているみなさん、たまに読んで頂いているみなさん、たまたま読んで頂いたみなさん、お読み下さりありがとうございました。
これからも劇的、画期的に変化することはまずないと思いますが、たまには参考になるネタがあるかもしれません、気の向いた時はお気軽にお立ちよりください。

ありがとうございました。040.gif

1年前のネタ・・・
e0229564_262445.jpg

[PR]
by lltj | 2013-02-20 02:48 | その他 | Comments(2)

チョ~、超、手抜き、サバ水煮缶乗せご飯

今住んでるところは一応、都会なので、歩いて3,4分のところにコンビニはあるし、もう少し、5,6分歩けばそこそこ安い24hのスーパーもあるが、靴をはいて表に買いものに出るのが意外と億劫。
特に雨や雪など降ったときは絶望的。

それでも普通に暮らしていればなんやかや腹が減る。
そのため、食材のストックは常にそこそこキープしている。
が、何をするのもめんどくさい、即席麺のお湯を沸かすのすらまだるっこしい時もある。
そんな時一番簡単でよく作る(作るとは言わないのか?)
料理でも何でもない。
サバの水煮缶をチンしたご飯に乗せて青のり醤油かけただけ。

でも、これがけっこう好きなんだよなぁ・・・053.gif

ここまでくると知恵も知識も創意工夫もなく「節約」というよりただ単に「貧粗」な食事008.gif
「個食」の気楽さの弊害だが、もう少し、まともな食生活にしないといけないのだろうな。

春も近いし、もう少し、頑張りませう・・・047.gif

しかし、「貧素」のイメージの割りには、一食分、サバ水煮缶90~100円+ご飯30円=130円はそんなに安くはないと思っている。

e0229564_1155087.jpg

このあたりにサバ水煮缶のレシピが出てるが、↓
<DHA・EPAが豊富!さば水煮缶で作る簡単レシピ>(NEVERまとめ)
へたな味付けするなら、醤油だけが一番美味しい気がするのは自分だけ・・・?


ちなみに、
さばの水煮缶 100g で、1日の推奨量に対し、以下の割合を摂取できます。
栄養素名/割合
ビタミンB12/ 500%
ビタミンD/ 220%
ナイアシン/ 62%
カルシウム/ 43%
たんぱく質/ 42%
ビタミンE/ 40%
ビタミンB2/ 33%
ビタミンB6/ 30%
脂質/ 24%
亜鉛/ 24%
リン/ 21%
銅/ 20%
他の栄養素は20%未満
*ビタミンB12
シアノコバラミンとも呼ばれるビタミンB12は、赤血球を作るために必要で、貧血の予防や改善に効果的なビタミンです。
他にもビタミンB12は、腰痛や不眠症の改善などに効果もある事から人気の栄養素となっています。
幼児の発育にも不可欠であるため、妊娠中や授乳中にはビタミンB12をしっかりと摂取しましょう。
*ビダミンD
ビタミンDは、骨や歯の成長を助け、骨粗鬆症や老化を防ぎます。ビタミンAやCと共に風邪を予防し、神経組織の安定と心臓の働きを正常に保ちます。
(YAHOO知恵袋)
だそうだ。

<サバ水煮缶一覧(さば水煮缶のページ)>
[PR]
by lltj | 2013-02-19 12:50 | 主菜 | Comments(0)

個食は、準備→仕込→調理→食事→片付までがワンセット。豪華さよりも簡潔さ!


by Tabeo

プロフィールを見る
画像一覧

応援ボタンクリック 感謝致します

最新の記事

チキンラーメン
at 2017-12-13 11:11
サバ水煮缶の煮もの
at 2017-12-11 21:00
スペアリブ
at 2017-12-09 20:30
餅巾着
at 2017-12-06 15:29
at 2017-12-04 07:51

検索

ブログジャンル

タグ