<   2013年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ヒジキの稲荷巾着煮(失敗作救済メニュー)

いつもいい加減の調味料で作っていると、失敗もちょくちょくと言うほどではないがそれなりにある。
今回はヒジキ煮を失敗した。
いつも通り作ったつもりだったがどこで間違えたか、出来上がりがやたらしょっぱい。
間違いなく醤油の入れすぎ・・・007.gif

ちょっと少なめにご飯に乗せてひじきご飯にすればなんとか食べられるが、ちと量が多い。

と言うことで油揚げに入れて袋煮(巾着?)にした。

油揚げ半分に切って、中を広げしょっぱいヒジキを目一杯入れ干ぴょうで口を縛る。
手がべとべとになって面倒な作業だが覚悟を決めれば3つ4つぐらいならなんとかできる。
縛った巾着を鍋に並べ、水いれてダシの素入れて、ちと薄味に調味料入れて、10分~15分煮込む。

かぶりつくと丁度いい塩梅にヒジキの味も薄まっていた。
失敗作救済メニューとしては完成度は高いと思う。

それなりに美味しく頂きました。038.gif

e0229564_7483662.jpg

[PR]
by lltj | 2013-06-30 20:37 | 主菜 | Comments(2)

自作ガラムマサラ・・・永遠に答えの出ないスパイスの探究

カレー粉は自作するとは言っても、メーカーが各スパイスをセットにしたものを適当に混ぜ合わせて作っているだけだが、ガラムマサラはカレー粉ほどスパイスの種類も多くないので一からスパイスを調合して試して作っている。

いつものようにクミン、コリアンダーをベースにクローブ、カルダモンを加えて基本として、それにシナモンを加えた。
ここまでは一般的と思うが、今回は他に家にあるがなかなか減らないスパイス類も加えてみることにした。
その1、花椒・・・・・・・中国山椒。
             日本の山椒と同属だが、よりピリッと辛くスパイス感が強い。
その2、フィファチ・・・沖縄島胡椒。
             「ピパーツ」とも呼ばれる、宮古、八重山諸島では日常的に使用される香辛料。
             普通のコショウとは違った独特の香りの沖縄スパイス。シナモンに似た香りを
             もち、黒胡椒を少し優しくしたような辛味が特長。
その3、七味唐辛子・ご存じ普通の七味
そして、胡椒も加えた。

出来上がりはそこそこそれっぽい香りにはなっている。
が果たしてこれがベストか?と問われるとまったく答えようがない。

ガラムマサラはハウスやS&B、朝岡スパイスなどメーカーによっても調合してあるスパイス類がだいぶ違い香りにも其々の特色がある。
どれがいいのか、どれが好みなのか・・・?未だにまったくわからない・・・007.gif

スパイスの種類の選択、その混合比率にはそれこそ無限の組み合わせがあり、きっと一生かかっても答えは出ないのだろうな・・・と思う。
e0229564_1454073.jpg

[PR]
by lltj | 2013-06-29 17:10 | 自作調味料 | Comments(0)

もやし炒めトマトドレッシング味

某メーカーのトマトドレッシングが別に賞味期限切れが近いわけでもないのに特売の半額だったので試しに買ってみた。
「味わいすっきり」と謳っていたのだが、すっきりと言うよりあまり味にインパクトがない。
もしかしてあんまり売れずにそれで在庫処分の半額特売だったのかも・・・

ちと好みの味ではなかったがいくら半額で安かったからと言って捨てるわけにはいかない。
相変わらず料理の発想が乏しく他に使い道が思い浮かばなかった。

と言うことで炒め物に使ってみた。
具材はこれまた特売のもやし。一袋7円。043.gif
ま、失敗してもそんな損した気にもならないだろう、と適当に調理。

もやしだけではさみしかろう、とキクラゲとハムも入れてみた。

中華鍋に油熱し、キクラゲ炒め、もやし炒め、ハム炒め・・・適当に煽る。
味付けは顆粒コンソメをトマトドレッシングで溶いて少し砂糖入れてコショウも混ぜた適当合わせ調味料。

そして5分もかからない適当料理。

トマトドレッシングをそのまま使うよりはなんぼかマシにはなったと思う。


e0229564_85056.jpg

[PR]
by lltj | 2013-06-29 07:55 | 主菜 | Comments(0)

【ラーメン店主】ネットで評価する人たちに苦言

食べログが主張する「3.5点以上の店舗(上位4.3%)は食通レビュアーから高評価なので高い確率で満足できます」は本当に信頼できるのだろうか? 普段は聞けない飲食店の本音の話から、食べログの信頼度を検証する。
◆食べログや評論家の意見に左右されない店づくりを目指す
 ’90年代、ラーメンブームを牽引した新宿の有名店「竈」の元店主・清水さん。4つの支店を出し、経営も順調だったが’09年に突然「竈」を閉めて、西早稲田に「ぼり・うむ」を開店させた。その理由はネットとマスコミへの不信だ。
「『竈』をやっていた頃、ネットやマスコミで大きく取り上げていただいたおかげで人気店になったのですが、店が大きくなるにつれ、評論家さんや、食べ歩きブロガーさんの意見に一喜一憂していました。自分が旨いと思うラーメンを作って、お客さんに味わってもらいたいだけなのに、顔の見えない人たちの評価に怯える日々に強い違和感を覚えるようになって、今の店をオープンさせました」
 そんな苦い経験を経た清水さんだが、もう食べログやネットの評価は一切見ないという。
「今は妻と二人でお店をやってます。収入は大幅に減りましたが、今のほうが精神的には楽です。たまに、ラーメンを一口も食べずに写真を撮り続ける人に『麺がのびるので撮影はやめて』と強めに注意をすると、『俺の書き込みで、お前の店をつぶすぞ』なんて言われたこともありますが(笑)。ウチは地元のお客さんが多いので、ネットの影響はほとんどありません。雑誌でもランキング特集などへの掲載はお断りしています。もうランキングやレビューに振り回されたくありません」
 清水さんは、食べログに限らずネットでお店を評価する人たちに対して苦言を呈している。
「味の評価っていうのは何度も通って、初めてできるものだと思うんです。それを一発勝負で評価するなんて、ヒドい話ですよ。特にラーメンって単価が安くて多く食べられるので評論しやすいんですよね。食べログやブログでお店の評価をするのは楽しいかもしれないけど、それを生業にしているお店側としたらたまったもんじゃないですよ」

>「味の評価っていうのは何度も通って、初めてできるものだと思うんです。それを一発勝負で評価するなんて、ヒドい話ですよ。
確かに~。
それに、素人の味の評価にプロが気を使う、って構図も本末転倒の気がしないでもない。
お店も大変だよなぁ・・・

e0229564_18263546.jpg

[PR]
by lltj | 2013-06-28 07:10 | 食ニュース | Comments(0)

宗田節醤油

久々、有楽町の交通会館とその近辺のアンテナショップめぐりをした。
いつものように買いたい食材は山ほどあったが、ぐっとこらえて今回は「まるごと高知」で前から気になっていた宗田節を買った。
画像では醤油も入っているが、売られているのは空ビンで中に宗田がつおの鰹節が3,4片入っているだけ。
醤油はキッコーマンでも杉樽熟成でも自分の好きなブランドを新たに家で入れる必要がある。

醤油を入れたら冷蔵庫で二週間寝かせると美味しいダシ醤油になる、とのこと。
そして減ったら醤油を継ぎ足していけば一年間は使用できる、とのこと。

一ビン、1000円でけっこう高いと思ったが、一年間使えるならそんなでもなさそう。

今回は「初めて」と言うことで醤油にしたが、次回は自作かえしを入れてみるつもり。そうすればそのままダシの効いたそばつゆになりそうだし・・・006.gif

e0229564_207168.jpg


宗田節とは・・・
マルソウダガツオ(メジカ)の節で鰹節と比べ、味が濃く、コクの強いだしが出ます。
足摺岬近海で水揚げされ、土佐清水で加工された宗田節は品質が高く、プロの料理人にも選ばれています。
(by 付属のラベル)
[PR]
by lltj | 2013-06-26 18:16 | 自作調味料 | Comments(0)

朝食はガッチリ

朝、起きたばかりの寝ぼけている中では朝食を食べる気がしない・・・
という人が周りにもけっこういる。
が、自分はどちらかと言うとその逆。
朝、目覚ましがピヨピヨと鳴ると1,2分でちゃんと覚醒できる。
すぐに湯を沸かしコーヒーを一杯。
そしてオーブンでパンを焼いて具材挟んでトーストサンドをムシャムシャ食べれる。
最近、仕事で身体を使うせいかけっこうガッチリ朝飯を食べている。

今日は、レタス敷いて自作マスタード入りポテサラにハム、チーズを乗せた。

e0229564_7344918.jpg


朝食を食べるとトコロテン方式のようにトイレに行きたくなる。
ブリッとすっきりさせて支度してガス、電気の確認をして家を出る。
その間、起きてから20~30分ですべてを終える。

今のシーズン、早番の時は上る朝日がすがすがしい・・・064.gif
[PR]
by lltj | 2013-06-25 10:33 | 主食 | Comments(2)

個食用超小型ゴトク(イタリア、イルサ社の「ガスコンロアダプター(ガスバーナープレート)」)

個食の調理は使用する鍋やフライパンも小さめ。特に一食分ならなおさら。
しかし、一般のガスコンロのゴトクだと鍋やフライパンが小さすぎて乗せられないことがままある。
以前は仕方なく大き目の鍋を使うか、小さい時は焼き網を敷いたりしてなんとかしていたのだが、焼き網は直接火が当たると炭化してボロボロになったり熱や鍋の重みで湾曲したりしてどうも使い心地が悪かった。

色々さがしてとうとう東急ハンズで見つけたのがこれ001.gif
イタリア、イルサ社の「ガスコンロアダプター」
どうやら、直火式エスプレッソコーヒーメーカー用らしいが、小型調理器具に十分流用できる。
中心部の隙間は2cmぐらいなのでほとんど(すべて?)の小型鍋やフライパンが乗せられる。
そして通常のゴトクと同じ鉄鋳品で頑丈で熱で変形することもまったくない。
最近のチョ~お気に入り厨房器具の一品。053.gif

気をつけるのは初っ端の使い始め、ガスコンロの直火が強く当たると塗装してある耐熱エナメルがパチパチはじけ飛ぶことぐらい。
飛んだエナメル破片で火傷しないように。

後で気がついたのだがどうやらネットでもけっこう売っている様子。
e0229564_6354845.jpg

ガスコンロに乗せるとこんな感じ。
e0229564_636735.jpg

小型鍋や・・・
e0229564_6362481.jpg

小型フライパン・・・
e0229564_6363896.jpg

小型土鍋などにも・・・
e0229564_6365387.jpg

[PR]
by lltj | 2013-06-23 07:07 | 調理器具 | Comments(0)

ひよこ豆のスープパスタ

ひよこ豆を一晩水に浸けて、のんびり煮た。
こんな手間をかけずとも水煮の豆はいくらでも売っているのだが・・・
個食の料理ってある意味自己満足の世界なのかも・・・039.gif

煮たひよこ豆をコンソメでスープ仕立てにして、ショートパスタを茹でて加えた。
これって少しはたんぱく質も入っているが、ほとんど炭水化物+炭水化物じゃん
ん~ん・・・栄養のバランス悪そう・・・042.gif
気持ちの問題でオリーブと粉チーズ振ったが大して栄養価は変わらんだろうな・・・008.gif

e0229564_455583.jpg

[PR]
by lltj | 2013-06-13 04:21 | 主食 | Comments(0)

ランチョンミートと玉ねぎの炒め物

久しぶりにランチョンミートの缶を開けた。

仕事で疲れてあまり調理などしたくない時、これが楽。
とはいえ、切る手間はやっぱ必要。
適当に切って、玉ねぎも適当に切って、いつものようにきくらげも戻してちぎって、中華鍋で適当に炒める。
ランチョンミート自体に十分塩味がついているので、後は適当にコショウなど好きなスパイス振るだけ。

味付けも材料の量もみんな適当なお気楽料理。
気が向けばマヨネーズでもソースでもケチャップでもどんな味付けでもいける。

が、今日は単に塩。
やっぱ塩がシンプルで一番好きかも053.gif

皿に盛ってパセリ散らした。

酒の肴にも十分なる068.gif
e0229564_1993399.jpg

[PR]
by lltj | 2013-06-11 19:23 | 主菜 | Comments(0)

割れチョコレート大量買い

チョコレートがけっこう好き。
明治のミルクチョコでもアーモンドチョコでなんでも好き。
最近はもっとシンプルに安い割れチョコレートを買っている。
割れチョコだがお菓子に使うことはほとんどなくそのままむしゃむしゃ食べている。
そのいつも買っている割れチョコレートが「現品処分価格」で25%引きで投げ売りされていた。
店員に聞くと、
「売切れたら、もう、当分入らないですね」とのこと。
察するに、バレンタインも終わってほとんど売れなくなったのだろう。
次の入荷はきっとクリスマスシーズン前だろうな・・・
なくなると思うと欲しくなるのが貧乏人のあさましさ
安いついでに大量に買ってしまった。
一月に一袋消費したとしても半年はもつ003.gif

割れチョコレートの有名店は「チュベ・ド・ショコラ」で、クーベルチュールの割れチョコをオリジナルで製作し、販売する『割れチョコ専門ショップ』だそうだ。
知らんかった・・・

クーベルチュール(couverture)とは、
フランス語で「カバー(覆い)」という意味。成分において「総カカオ固形分35%以上、カカオバター31%以上、無脂カカオ固形分2.5%以上、カカオバター以外の代用油脂は使用不可」という厳格な規定がある。これは脂肪分が多く含まれていない場合、コーティングの際に薄く表面を覆うことが出来なくなるためである。国外ではこの規格に則っていないものはクーベルチュールとして認められないが、日本ではこの違いを理解せず、ただの「製菓用のチョコレート」という意味で用いられる場合もある。
(by ウィキペディア)

クーベルチュール チョコレート(英・仏:couverture chocolate)
■ 一般に、ココアバターの含有量の多いチョコレートのことです。チョコレートの細工や被覆加工に使用されるものをいいます。ココアバターを31%以上含有することが基本で、通常は、35%以上の流動性の高いチョコレートをいいます。
■ 通常は、ボンボンの上掛け、キャンディーやケーキの繊細なコーティングなどの細工に使われます。また、フランス料理のデザートなどの彩りに使われています。
■ カバー(コーティング)をするために使うので、カバーチョコという意味があります。
■ 代表的なものとして、
国産品:大東カカオ、不二製油、日本チョコレート工業協同組合、日新化工、アステカほかの優れ た製品があります。
外国品:カレボー、ヴァローナ、スシャール、ヴェイスなどが著名です。
■ チョコレートの基本構成である、カカオマス、ココアパウダー、ココアバター、砂糖などで出来た製菓原料用のチョコレートをいうことがあります。
■ 近年、クーベルチュール チョコレートという名前が知られてきて、高級チョコレートとされることがありますが、実際は、特殊用途のチョコレートです。
(by 日本チョコレート・ココア協会)

だそうだ。

自分の買った割りチョコレートはそんな高級ブランド品ではない。
下の画像を見ればわかるが、ビミョウに違うノーブランドの[割]チョコレート。(笑)

yahoo知恵袋に
<楽天市場にある割れチョコはボッタクリ>
と言う投稿があり、その回答になるほどと参考になる解説が書かれていた

買った特価の安い割りチョコの裏の原材料名を見るとココアバターも入っているが、確かに植物性油脂も使われている。
そして、その使用比率などは一切書かれていないので(日本のJAS法では成分比率、含有量まで書く規則はない)どのくらい使われているのかはまったくわからない。
が、安い偽物と言うより企業の涙ぐましいコストを抑えた努力の賜物の製品だと思えば腹も立たない。

それに、これでも普通に美味しいのでコストパフォーマンス的にも十分満足している。

e0229564_2012480.jpg

[PR]
by lltj | 2013-06-09 17:15 | 嗜好品 | Comments(0)

個食は、準備→仕込→調理→食事→片付までがワンセット。豪華さよりも簡潔さ!


by Tabeo

プロフィールを見る
画像一覧

応援ボタンクリック 感謝致します

最新の記事

食べ過ぎてはいけない「危険食..
at 2017-10-20 22:25
食べ過ぎてはいけない「危険食..
at 2017-10-20 22:25
キャベツ肉炒め(&その他のキ..
at 2017-10-18 10:39
銅鍋
at 2017-10-16 00:45
酢鶏
at 2017-10-13 00:38

検索

ブログジャンル

タグ