<   2013年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

もやし炒めその2

前回の素もやし炒めではあまりに寂しかろう、と少し具材を加えてみた。
常備している乾物の中からキクラゲと春雨をチョイス。

味付けは中華風に、
鶏がらスープの素+紹興酒+砂糖+豆板醤+テンメンジャン+醤油+片栗粉

少しは見栄えは良くなったし味も美味く着いた。
暑い夏には辛いものが食欲増進に役立つが、十分その役目は果たしていると思う。
上出来~038.gif

これで材料費は30~40円ぐらいだろうな・・・

e0229564_1640153.jpg

[PR]
by lltj | 2013-07-29 16:51 | 主菜 | Comments(0)

素もやし炒め

近所のスーパーで時々ある特売日でもやし一袋7円のセール札を見るとつい買ってしまう。
貧乏人の悲しい性。007.gif
ま、7円の散財ぐらいなら我慢しましょう・・・

毎度のことだが、どうやって食べるか?いつも考えてしまう。
料理本やネットなどで「もやし料理」をググるとそれこそ星の数ほどヒットするが、その大半は「もやしが主体」というより「もやしも加えられる」、的なメニューの方が多い。
もやしに普通に肉、魚、野菜を加えてそこそこの料理に作り上げたのではもやし一番の特徴である安さの利点がまったく生かされないじゃん、と常々疑問に思っている。
それにひき肉やツナなど加えたらそれはもうもやし料理というよりひき肉料理でありツナ料理だろう、と思う。

と言うことでなるべくもやしだけで作れる料理を模索。
代表的なナムルのほか、炒め、煮びたし、味噌汁など・・・

今日は素もやし炒め。
そう、もやしだけを炒めた料理。
パスタ風に言えば「絶望の炒めもの」か・・・(笑)

味付けは顆粒カツオだし+顆粒鶏がら+砂糖+酒+醤油+片栗粉、で和風にしてみた。
仕上げに青のりを振った。

まな板も包丁もまったく使わない中華鍋だけで出来るお手軽、お気楽、そして2,3分の超速料理。
安い、早い、美味い!の典型!
なんてったって7円料理。041.gif

十分ご飯のおかずにはなる。
が、やっぱ少し寂しいか・・・?007.gif
e0229564_13331443.jpg

[PR]
by lltj | 2013-07-27 14:06 | 主菜 | Comments(0)

ちょっと短いキッチンペーパー

キッチンペーパーが無くなったのでドラッグストアへ買いに行った。
店頭に2種類ほど並べてあり、いつものようにメーカーなど気にせず10円でも安い方をチョイス。

帰って流しの下の収納のドア裏に取り付けてあるホルダーにセットしたところ・・・
「あれ、まぁ~・・・」
である。(下画像参照)
数cm短くてホルダーにセットできない。
「なんじゃ、こりゃ~?」
いままで何年、何十回もいろんなメーカーキッチンペーパーを買ってきたがこんな中途半端な製品初めて。005.gif
トレペやキッチンペーパーなどにはスタンダードな規格があってどのメーカーもそれに準じたサイズにしているものだとばっかり思っていた。

だったら、パッケージに「ちょっと短い・・・」とでもちゃんと表示しておいてくれよ・・・と思った。
表に書いてある「エコでお得なジャストサイズ!!」って意味わかんね~よ!と思わず一人でツッコミを入れてしまった。

裏を見ると
「シートサイズをコンパクトにしてそのぶん枚数を増やしました」
と書いてあった。
メーカーの言い分としては
「ちゃんと裏に書いてあるのでよく読んでください」
と言うことなのだろうが、もともとそんな寸足らずの製品があるなどとは想定してないし、たかだかキッチンペーパー買うのに裏側の但し書きまで一々チェックしないでしょ、って思った。

寸足らずに短くして原材料を減らしてその分安くするのはいいが、それならそれでちゃんとパッケージの表に長さが短いことを表示しておいてもらいたかった。
サイズが規格のホルダーに合わないならいくら10円安くとも最初から選ばなかったし。

最近アベノミクスの影響でスーパーやドラッグストアでの食料品や日常品の値段が確実に値上がりしている。それもほとんどアナウンスされることもなくいつのまにか・・・
そしてメーカーやお店はその値上げの実体がなるべく目立たないようにパッケージを変えたり内容量を減らしたりして並べて売っている
これを善意に値上げを目立たせない企業努力と見るのか、悪意に値上げを隠す姑息な手段と思うか・・・?

多分性格がひねてる性かどうも4;6~3;7で後者の意味にとらえてしまう・・・

e0229564_751492.jpg

ちょっと寸足らず・・・007.gif
e0229564_79013.jpg

[PR]
by lltj | 2013-07-24 07:48 | その他 | Comments(2)

ペペロンチーノ

今日はお休み、なのに6時過ぎには起きてしまった。
最近、夏バテぎみで普段は朝の目覚めがつらいのに、休みだと逆に朝からすっきり目覚めてしまう・・サラリーマンの悲しい習性・・・007.gif
と言うことで朝っぱらからパスタを茹でてしまった。

一番簡単にペペロンチーノ。
ペペロンチーノの蘊蓄、能書きは以前にもアップしたので暇な方、気の向いた方、そちらを読んでみてください(笑)

⇒⇒⇒<絶望のパスタ、ペペロンチーノ>

作り方はいつもと同じ超簡単、茹でたパスタに市販のペペロンチーノ用のオリーブ油とペペロンチーノ用の混合ハーブスパイスを炒め和えるだけ。

茹で時間9分+炒め和え時間1~2分=約10分で完成。

それでいてスパイスの分量さえ間違えなければ十分美味しい味になる。
美味しく頂きました。038.gif

メーカーさんの味付けの努力に感謝です。040.gif

e0229564_7335425.jpg

[PR]
by lltj | 2013-07-23 07:46 | 主食 | Comments(0)

手抜き、豚ショウガ焼きライス

数日前の地獄のような暑さは治まったが、それでもなんか食事を作るのがめんどくさい。
かと言って喰わないと余計夏バテする。

なるべく簡単に作れてなおかつそこそこスタミナも付けたい、と言う矛盾した要求を満たすための手抜き料理。

冷凍の豚バラ肉を冷蔵庫のチルドで半日かけて解凍。要はほっぽってあるだけ。
解凍時、受け皿に解凍した肉が浸かるくらいにショウガ焼き用のたれを作って入れておいた。
解凍した豚バラ肉をフライパンでたれごと焼く。
本来なら焼けた肉をどんぶり飯にでも乗せればショウガ焼き丼になるのだろうが、どんぶりにご飯を盛るのすらめんどくさくなって、飯釜から直接ご飯を肉を焼いたフライパンに盛り合わせた。
そして、それをそのまま直で頂いた・・・・018.gif

盛り付けの一工程が省略できて、なおかつ丼などの洗い物まで減らせる優れ調理!003.gifってか?

ま、個食だからいいが、人さまには見せられんだろうな・・・

味は豚肉を半日タレに浸けこんだのはちと長すぎたようでちとしょっぱかった・・・

e0229564_16224588.jpg

[PR]
by lltj | 2013-07-21 16:48 | 主菜 | Comments(0)

手羽元と玉子の親子カレー

手羽元でカレーを作ったのだが、ついでに消費期限の近付いていた玉子を数個茹でて一緒に煮た。
玉子に本格的にカレーの味を染み込ませるには煮込みに少し時間がかかるが、いつものことで3~4食分一緒に作っているので、数日保存していればその間にきっと味が染み込むことだろう。

今日のところは、カレー玉子の味より手羽元のコラーゲンのコリコリ感をメインに味わう。
他に入れたものはいつもの玉ねぎとキクラゲ。
たまにはジャガイモ、ニンジンぐらい加えろよ・・・015.gif
e0229564_649684.jpg

[PR]
by lltj | 2013-07-19 07:01 | 主食 | Comments(0)

趣味の鍋シリーズ(STAUB、AKAO、浅釜、アイザワ、DANSK、WMF、他・・・)

e0229564_742335.jpg

調理にも勿論実用で使っているが、それ以上に趣味でついつい集めてしまったなべの数々。
遊びに来た友人はみな、「ばっかじゃねーの?」的なまなざしで呆れている。
でもこれがなかなかやめられない。(笑)

そのコレクションの一部を紹介

<staub> ココットラウンド 20cm 鋳鉄(エマイユ加工)
言わずと知れたストウブのココット。煮物には最高。そして個食にはこのサイズが一番使いやすい。
ストウブは大好きなメーカーのひとつでいままで5~6個の鍋を買っているが今残っているのはこれだけ。
フランスの鋳鉄ホーロー系の鍋は他にもルクルーゼやシャスールなどありデザインや色がかわいいのだがどちらかと言うと女性向き?この黒のストウブがどっしりしていて男っぽくて好き。
また、ストウブなら無水調理ができるのも魅力で選んだ決め手。
基本、片手鍋が好きで、これ以外はみんな片手鍋なのだが、大きさがこのサイズ(20cm)でストウブとなると片手で持ち上げるのは難しい。

<AKAO> 半胴 18cm アルミ
相当昔に買ったのだが、半胴の鍋ってなかなか見当たらないので重宝している。パスタやうどん、そばなど麺類の茹でやストウブ使うほどでもない煮物、そして18cmの竹の蒸し器の台として利用している。湯がたっぷり入るので長めの蒸し時間でも安心していられる。

③domedia ソースパン 16cm ステンレス
調理器具のサイズは3の倍数が基本で18cmの下はほとんど15cmになってしまう。
が、即席ラーメンを茹でる時、18cmではデカイし、15cmでは四角い麺がギリギリ入らない。
やっと見つけたのがこの16cm鍋。ラーメン茹でにぴったり!
他にも18cmと15cmの中間サイズは色々使いやすいので気に入っている。
中途半端なサイズはどうやら一応フランスのブランドらしい。

<NAKAO> 雪平鍋 15cm アルミ
アルミ製品はAKAOとNAKAOが有名だが、これはNAKAOの方。
ちょっと奮発して普通の雪平鍋より高級な肉厚3mmの上等品。
もう10年以上使っているがまったくガタもなく一番使用頻度の高いお気に入り。

<浅釜商店> かゆ鍋 15cm 鋳鉄
浅草合羽橋道具街で一目見てデザインが気に入ってしまい半年以上悩んだがついに買ってしまった貴重品。
取っ手一体型の鋳物でメチャおしゃれ(と思っている)。
粥などほとんど作ることはないが、鶏から揚げなど揚げ物鍋に流用している。個食の揚げ物などたかが知れているのでこれで十分。

<マトファー> バンマリー(湯煎鍋) 12cm ステンレス
お店の人の話では主にチョコレートを湯煎する時に使う鍋らしい。
日本風に言うと直径と深さが同じ寸胴のサイズなのだが片手なべとしてはちょっと珍し形状。唯一ストウブに似たようなデザインの鍋がある。
これ個食でのショートパスタを茹でるのに一番使いやす。
一般的な広口の小さな鍋で茹でてると湯の蒸発量が多く10分も強火で茹でてると湯がなくなってしまう。その点この鍋は径が小さく深めなのでその心配がない。
他にも白玉、上新粉系のダンゴやストック用の冷たい麦茶、紅茶など作る時にもちょうどいい。

<工房アイザワ> ミルクパン 13cm ステンレス 
ウチには工房アイザワの調理器具が数点ある。玉子焼き器、メジャースプーン、コーヒードリップポットなど・・・
どうやら、工房アイザワと自分のデザイン感性の波長がけっこう一致しているみたい。
このミルクパンもその一つで取っ手の角度とデザインがつい気に入って買ってしまった。
普通に鍋としても使っているが、玉子焼きを作る時の溶き卵をボウル代わりにこの鍋で溶くと塩梅がいい。

<KAI(貝印)> プチミルクパン 11cm ステンレス
これ最近、お気に入りシリーズに加入した新参もの。まだ本格的に使いこんではいないが、ちょっとしたソースやスープ作りに便利そう。
メーカーのうたい文句は料理研究家貴島麻子とのコラボで、波型形状のハンドルがおしゃれ、とのこと。

<DANSK> ミルクパン(バターウォーマー) 10cm ホーロー
これもデザインがかわいくてつい買ってしまった鍋。ホーロー鍋は丁寧に扱わないと意外と簡単に欠けるのがたまにきず。これも10年近く使っているが気付かないうちに小口部分が数か所欠けてしまった。(泣)
ゼリーやプリンの冷菓や茶わん蒸しなどに使っている。

<WMF> ミニソースパン 10cm ステンレス
これも最近買った小鍋。なんかこの辺になるともう実用というより単なる「欲しい欲しい病」
WMFはドイツの有名ブランドでコレクションの一つに加えてみたかったのが本音。

⑪TENOR WORKS メジャーカップ 9cm ステンレス
メーカーの名前が定かでない。300ml以上計れるメジャーカップ。ステンレスでできているのでそのまま小鍋として火にかけて利用している。
茹で卵1~2個茹でたり、酢味噌やソースや黒蜜などや合わせ調味料の混合など個食分の自作調味料を作るのにちょうどいいサイズで気にっている。

<玉虎堂> ミニソースパン 8cm ステンレス
これもちょっとしたソース、合わせ調味料を作るときに使っている。
お菓子作りの時のバターの湯煎にもちょうどいい。

他にも写真に入れ忘れたが湯沸かし用の銅のミルクパンがある。銅は熱効率が一番良く、マグカップ一杯200~300mlのお湯なら30~40秒ぐらいで簡単に沸かせて電子レンジより効率的と思う。

そして土鍋が炊飯用も含めて3つ。
一体いくつ鍋を持ってるんだ!って話。

ちなみに其々の鍋のフタはストウブを除いてすべて耐熱ガラスのぴったりサイズのフタをあっちこっち探し回って見つけてきている。
中の見えるガラスのフタはアホなこだわりの一つなのだが、これがなかなか見つからずけっこう苦労する。そしてぴったりサイズのフタを見つけたときの感激と満足はひとしお。

今の「欲しい欲しい病」はルクルーゼのソースパンとピジョンのガラス鍋。
自分自身でも「いい加減にしろ!」047.gif
って感じ・・・

性懲りもなく続編はこちら↓
<趣味の鍋シリーズその2(ハリオ、フィスラー、ビジョン、ル・クルーゼ、姫野作、無印良品、他・・・)>
[PR]
by lltj | 2013-07-17 09:35 | 調理器具 | Comments(2)

唐揚げに一工夫!お勧めの食べ方「マヨ+唐辛子+ごま油」「はちみつ」

日本一の唐揚げ店を決める「からあげグランプリ」が毎年開催されるなど、唐揚げは人気も注目度も高いようです。そこで、趣向を凝らした唐揚げの食べ方、お勧めの食べ方について、マイナビニュース会員の皆さんにアンケート調査で聞きました。

調査期間:2013/5/14~2013/5/17
アンケート対象:マイナビニュース会員
有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)

「唐揚げの一風変わったお勧めの食べ方はありますか?」という質問に対し、「はい」と答えた191人(19.1%)に、お勧めの食べ方と味のポイントを尋ねました。

そのうち最も多く寄せられたのは、46人(4.6%)による「マヨネーズ」アレンジレシピ。
「マヨネーズ+唐辛子+ごま油。マヨネーズのうまみと唐辛子の辛味、そこにごま油の香ばしさが加わり最高」(27歳/男性)
「スイートチリ+マヨネーズ。塩っ辛い唐揚げに、甘さとまろやかさがプラスされます」(26歳/女性)
「レモン汁+マヨネーズ。こってりとさっぱりが味わえる」(28歳/女性)
「ゆずこしょう+明太子マヨをかける。濃厚になってより油が引き立つ」(30歳/男性)
「マヨネーズ+しょうゆ。味が濃いからご飯に最高に合う」(24歳/男性)
「ソース+マヨネーズ。たこ焼きのような味わいになる」(31歳/女性)
どのタレもおいしそうで、トライしたくなります。

「揚げるのではなく、衣をつけるときにマヨネーズをつけて、粉をまぶしてからフライパンで焼く。その唐揚げにゴマをふりかけてマヨネーズで食べる」(26歳/女性)

と、作る過程で活用するというアイデアも。マヨネーズの油分が揚げ油代わりになって、カリッとした食感になりそう!?

次に多かった調味料は「ポン酢」17票(1.7%)。
「ポン酢+レモンダレ+刻みねぎをかける。かんきつ系の風味でさっぱりしておいしい」(28歳/女性)
「ネギ+しょうが+鷹の爪をそれぞれみじん切りにして、ポン酢と一緒にかけて食べると絶品。さっぱりと食べられる」(31歳/男性)
「大根おろしとポン酢でみぞれあんかけ風。さっぱりとする」(23歳/女性)
「おろしポン酢+七味をかける。さっぱりと食べられ、ピリ辛が食欲をそそる」(34歳/男性)
と、さっぱり食べたい派からは、ポン酢をベースにした食べ方が人気です。

3番目は11人(1.1%)が挙げる「レモン」を活用した食べ方。
「焼き肉のタレ+レモン+マヨネーズ。いろいろな味がしてご飯によく合う」(33歳/男性)
「レモン+塩コショウ。レモンの酸味が唐揚げの脂っこさを抑えて、塩コショウがさらに味を引き締める」(57歳/男性)
「レモンを絞るときレモンの皮を下に向けて絞る。レモンの酸味だけでなくレモンの皮から噴出される風味が唐揚げにつく」(30歳/男性)
唐揚げにはレモンが定番ですが、これからは皮を下に向けて絞ろうと思います。

意外な食べ方、まだまだ続きます。
「はちみつをつける。甘みが引き立つ」(35歳/女性)
「のりにくるむ。のりの塩辛さと唐揚げの油がちょうどからまっておいしい」(22歳/女性)
「アボカドディップにする。クリーミーでおいしい」(35歳/女性)
「生クリームをかける。濃厚になる」(30歳/女性)
「ケチャップ+ウスターソース。BQQソースっぽくなる」(26歳/女性)
「卵とじにして変わり親子丼。冷めた唐揚げを利用できる」(57歳/女性)
「みそ汁につける。みそ汁の味がちょうどよくしみ込む」(31歳/男性)
「アイスクリームと一緒に食べる。唐揚げの熱でアイスクリームがとけて、ホットケーキにアイスをかけているような感覚になる」(28歳/女性)

これほど多彩な組み合わせがあるとは驚きです。皆さんのレシピを参考にして、一風変わったテイストを試してみてはいかがでしょうか。
(by マイナビウーマン)


へぇ~、参考になる。今度試してみたい・・・・039.gif
から揚げは普通に食べても大好き053.gif053.gif
酒の肴にもなるし・・・068.gif
ただ、揚げる作業と油の後始末を考えると夏に蒸し風呂のような台所でやる気が起きないんだよなぁ・・・008.gif
e0229564_18504948.jpg

[PR]
by lltj | 2013-07-15 19:02 | 食ニュース | Comments(0)

ニラチャーハン

玉子とニラのチャーハン。
ちょっとさびしそうだったのでベーコンビッツも加えてみた。
味付けは塩と先日浸けこんだ宗田節醤油。
この醤油、思った以上に宗田節のダシが効いて美味い049.gif

和の味付けで中華料理、そして洋風にベーコン加えて、和洋中のコラボメニュー・・・なんちゃって037.gif
e0229564_18532522.jpg

[PR]
by lltj | 2013-07-14 19:13 | 主食 | Comments(0)

夏バテ防止に豚ホルモン炒め

梅雨が明けて一気に灼熱地獄の夏に突入058.gif
毎日実に暑い、熱い、アツイ!!!
ウチの賃貸は3階建てのビルの屋上に増築された4階の安アパート。日当たりは抜群にいい。
カッコよく英語で言えば「ペントハウス」003.gif
が、その実態は単なるプレハブ住居で太陽エネルギーの直射による高温化は安いエアコンの冷房パワーを完全に超えている。008.gif

完全に空調の効いた涼しい部屋にいるならまだしも、30℃を超える外気温と同様の高温の中で一度冷たい水分を口に含むとその水分欲求が止まらなくなりついつい飲みすぎていつの間にか腹がチャポンチャポンになって食欲がわかなくなってくる。
これ完全に夏バテへの序章。
テレビ、雑誌では「熱中症対策でこまめに水分補給をしましょう」と言っているが、水分を取りすぎると逆に余計疲れて食欲が無くなる弊害ももっとちゃんと報道すべきだと思う。

夏バテ防止に少しでも役立てようと豚ホルモンを買ってきた。
味付けは焼き肉用ホルモンだったので甘辛ダレが絡めてあったので、そのまま中華鍋で炒め、玉ねぎ、きくらげ加え最後にニラも加えて炒め合わせた。
最後にちょこっとアクセントでナンプラーなど垂らしてみた。
簡単で調理に何の芸も技もないがそこそこ美味しい。049.gif

これで少しは栄養がついた気がするが、夏は始まったばかりでこの先のことを考えるとうんざりする・・・



e0229564_7171544.jpg

[PR]
by lltj | 2013-07-13 07:47 | 主菜 | Comments(0)

個食は、準備→仕込→調理→食事→片付までがワンセット。豪華さよりも簡潔さ!


by Tabeo

プロフィールを見る
画像一覧

応援ボタンクリック 感謝致します

最新の記事

チキンラーメン
at 2017-12-13 11:11
サバ水煮缶の煮もの
at 2017-12-11 21:00
スペアリブ
at 2017-12-09 20:30
餅巾着
at 2017-12-06 15:29
at 2017-12-04 07:51

検索

ブログジャンル

タグ