<   2016年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

焼きそば、玉ねぎバージョン

e0229564_1130643.jpg


焼きそばと言うとキャベツと言うイメージと言うか先入観がある。
確かに相性は抜群にいいし、美味しい。
が、
今日は玉ねぎで作った。キャベツがなかったから。

別段、キャベツでも十分美味しい。
[PR]
by lltj | 2016-06-28 11:32 | 主食 | Comments(0)

マンゴーゼリーホイップクリーム乗せ

e0229564_18192799.jpg


たまには贅沢を・・・
と、スプレータイプのホイップクリームを買ってみた。

生クリームを泡だてた本物と比べると口当たりがスカスカ。
よく言えば、口に入れたとたんサッと溶けてなくなる軽さ。

でも、自分が食べたかったホイップクリームはもっとどっしりとした食べ応えのある本物。

お手軽だが、物足りない・・・008.gif

自作するしかないか・・・
でも、生クリーム高いし、泡立ても面倒・・・
[PR]
by lltj | 2016-06-25 18:25 | 嗜好品 | Comments(0)

「朝食は体に悪い」との説が話題 食べると身体機能が低下する?

朝食を抜くと健康になる?食事の回数減で寿命が延び、体調不良も解消?

「朝食は体に悪い」との説が話題になっている。

『朝食有害説―「一日二食」で健康に生きる』(渡辺正/情報センター出版局)、『生活習慣病に克つ新常識―まずは朝食を抜く!』(小山内博/新潮社)、『栄養学常識のウソを突く―長生きしたければ朝食は抜きなさい』(著:東茂由、監修:甲田光雄/河出書房新社)、『朝食を抜くと、なぜ健康になるのか』(松井二郎/サンマーク出版)、『朝食を抜くと健康になる』(石原結實/PHP研究所)など、朝食の抜くことで健康になると主張する著書も相次ぎ、その正当性も明らかになりつつある。

 その主な理由としては、朝食を摂ることで身体機能が低下するというものだ。

「飢餓に陥った人間の体では病体のタンパク質をエネルギー源として消化して、結果的に破壊せしめるという自己融解現象が発生する」(『朝食を抜くと健康になる』より)

 つまり、空腹時間を確保し、“飢餓状態”をつくることで免疫力が向上するというのだ。実際に、「長寿遺伝子」「抗老化遺伝子」などと呼ばれるサーチュイン遺伝子は、飢餓状態の時に活性化し延命効果をもたらすといわれている。

 空腹状態とは、言い換えれば内臓を休める時間をつくるという意味だ。内蔵は、消化活動をしていない時には体の機能を高める働きに力を使うと考えられている。数日絶食すると、血色がよくなり、肌にツヤが出てくるのを体感したことがある人も多いだろう。逆に、夜寝る直前に食事をした場合など、寝ている間にも内臓が働き続けるため、朝起きたときに体が重くなりがちだ。

●一日2食で十分

 そもそも多くの国で、人間は古来一日2食だった。日本でも江戸時代中期までは2食で、後期から武家が3食にし始め、農家は明治時代から3食になった。

 それがいまや学校では、「朝ごはんを食べた子と食べなかった子では、集中力に差が表れ、毎日朝ごはんを食べている子は、毎日食べていない子に比べて成績が良い」というデータを示し、必ず朝ごはんを食べるように指導する。農林水産省も同様の指導をしている。

 確かに、咀嚼することで脳は覚醒し、集中力は増す。これは、ガムを噛むと眠気を防止したり、集中力を高める効果が実証されており、間違いないだろう。また、ご飯を食べることで脳のエネルギー源であるブドウ糖も補給できるため、朝食が重要との説は理にかなっているように思える。だが、それが内臓にとって良いことの証明にはなっていない。さらに、胃に食べ物がない状態のほうが脳はよく働くとの研究結果もあり、朝食を摂ることが成績向上につながるとは言い切れない。

 また、朝は胃腸がまだ十分に覚醒しておらず、そこへ無理に食物を詰め込むことは負担が大きく、十分に消化されない。無理して朝食を摂り続けると、胃酸の出が悪くなり、胃を弱める可能性がある。朝食を摂る場合でも、起きてから数時間空けることが望ましい。

 理想的には、午後6時ごろに夕食を摂り、10時ごろに就寝し、翌朝4~5時ごろに起床、朝食は摂らずに12時ごろに昼食を摂るというサイクルが最も健康的だ。しかし、仕事の都合で夜が遅い、接待などで夕食や飲み会があるという人もいるだろう。そのような場合、なるべく肉など胃にもたれるものは遅い時間帯に食べないようにし、寝るまでの時間を確保するように意識したい。

 胃腸が弱い人、便通に悩んでいる人、寝起きが悪い人など、体調不良に悩んでいる人は、一度騙されたと思って食事の回数を減らしてみてはいかがだろうか。夜寝る前の数時間と、朝起きてからの数時間を食べないようにすると、驚くほど体の調子がよくなり、特に内臓の機能は高まるのを体験できるはずだ。
(文=豊田美里/管理栄養士、フードコーディネーター)


確かに現代人は飽食過ぎるかもしれない。
が、
朝5時に起きて、お昼まで絶食?
無理、無理・・・
そこまでして健康になる前に、ストレスで精神的不健康になる・・・

朝食の有無よりもっと根本的な健康法があるような気がするが・・・
[PR]
by lltj | 2016-06-24 08:37 | 食ニュース | Comments(0)

ちくわ入り切干大根

e0229564_1357181.jpg


今日の切干大根煮はちくわを加えてみた。

ちくわはほんとは磯辺揚げにするつもりで買ったのだが、どうにも揚げ物の準備や手間がめんどくてこっちに使ってしまった。

最近、料理の手間がなんかメンドいと感じている。特に揚げ物など・・・
たまにはとんかつとかアジフライなども食べたいのだが・・・
[PR]
by lltj | 2016-06-22 14:02 | 副菜 | Comments(0)

手羽元のグリル

e0229564_7552274.jpg


手羽元をじっくり数日タレに漬け込んでオーブンで焼いた。
まどちらかと言うとタレにじっくり漬け込んだというよりほっぽっておいた放置プレー。
あまり日にちが過ぎるとしょっぱくなりすぎるだろう、と数日経ったところでやっと焼いた。
焼くのも中まで火を通すために200℃のオーブンで1時間もかけた。
途中で一度裏返さない片面焼けになってしまうのでまじめに裏返した。

技やコツはないが、手間はかかっている。
その分やっぱ美味しい016.gif
[PR]
by lltj | 2016-06-20 08:01 | 主菜 | Comments(0)

肉だんご酢豚風

e0229564_9362219.jpg


肉だんごを少量の油で焼き揚げて、酢豚風に調理。

とっても美味しいし、酢豚は好きなのだが、肉だんご揚げる手間がめんどくさかった。

もう、当分作ることはないかも・・・
[PR]
by lltj | 2016-06-18 09:39 | 主菜 | Comments(0)

食べれば食べるほどストレスが溜まる食品と、緩和してくれる食品

仕事が忙しく上手くいかなくってイライラ……それが毎日のことになっていませんか?

イライラすると自律神経が乱れ、緊張状態をつくる交感神経が常に優位となってしまい、身体が休む間も無く興奮状態になったり、イライラが続いたりするもの。

実はそれ、あなたが毎日食べている食事が関係しているかもしれません!

そこで今回は、管理栄養士である筆者が、イライラを引き起こす食品とそれを緩和してくれる食品についてご紹介します。

■これが原因だったイライラ食!

(1)担々麺・カレーなどの辛い料理

辛いものは交感神経のスイッチを入れやすくします。担々麺や麻婆豆腐など四川風の料理はスパイシーで美味しいものですが、すでに交感神経が優位となっているイライラ状態のときは控えたほうがよさそうですね。あっさりした和食をいただいたほうが、気持ちも落ち着きます。

(2)コーヒー、玉露などカフェイン飲料

カフェインの特に多いこの二品は交感神経を優位にさせてしまい、いつも神経が高ぶって興奮状態に。他にも滋養強壮飲料やコーラなどにもカフェインが! ホットミルクやノンカフェインのハーブティーがイライラ防止にはオススメです。

■イライラ緩和食にはコレ!

(1)チョコ、メロン、ぬか漬けなど・・・ギャバ

これらの食材はギャバといってアミノ酸の一種が含まれています。リラックス効果やイライラして高くなった血圧を下げてくれる働きも! ストレスがあったり、睡眠不足が続いたり、血圧が気になるときも意識して食べたいですね!

(2)大豆、納豆、油揚げ、きな粉、豆腐など・・・大豆イソフラボン

大豆製品には女性ホルモンに似た大豆イソフラボンが入っているので、自律神経の緩和に働きます。戦闘モードの交感神経を和らげてくれる働きがあるので、イライラ緩和に役立ちます。

(3)きのこ、海藻、玄米、れんこんなど・・・食物繊維

食物繊維たっぷりのこれらの食材は、腸の働きを活発にしたり、身体の血行をよくしたり、便秘解消につながる働きをしてくれます。そのことが、副交換神経を優位にさせ、イライラの交感神経を落ち着かせてくれます。

いかがでしたか? 今回は、イライラを引き起こす食品とそれを緩和してくれる食品についてご紹介しました。イライラしていると食事もパンチある味のものを好むといいます。そうすると交感神経が優位になりやすく、ちょっとしたことでも怒りっぽくなってしまうんですね。

周りとの関係を良好に保つためにも、日ごろの食事も見直したいですね!

(ライター 望月理恵子)


どうもこう言う上っ面の栄養学にチャチャを入れたくなる。
一生、三食カレーを食べ続けているインド人はイライラの塊なのか・・?
朝鮮・韓国なども辛い料理が主流だが彼らは常にストレスの塊なのか・・・?
四川料理は強烈に辛いが中国南部は犯罪率が高いのか・・?
まさか、日本人とDNAが違う・・とか言う舛添見たいな弁解(詭弁?)

コーヒーを世界からなくしたらイライラ、ストレスによる犯罪が少しは減るのか???
もしそうだとしたら、何故、世界中でそう言う規制が行われない???

処方箋や薬などにしてもその効果を得るためには一定量、一定期間投与し続けなけらばならない。まして一般の食品をその作用、効果が出るまで食べるには通常の食事の数倍の量を食べ続けねばならず、そんなに食べ続けたらその効果の前に肥満や他の副作用が蓄積された状態になり現実的に不可能に近い。

「外を歩いたら、交通事故にあう」、「飛行機に乗ったら落ちる危険性がある」、と同じようなレベルの能書きを上っ面だけでもっともらしくコイている、「管理栄養士 ☆美食栄養研究家」とか言うにわか人種がどうも胡散臭い・・・

多少、ストレスが溜まったとしても好きなカレーやコーヒーはこれからも絶対止めないと思う058.gif
[PR]
by lltj | 2016-06-16 18:40 | 食ニュース | Comments(0)

ズッキーニとベーコン

e0229564_21275991.jpg


ズッキーニ焼いて、焼いたベーコン乗せた。

普通なら主菜と言うより副菜だろうな。
しかし、ウチではこれとご飯で一食。

素食と言うより粗食に近い・・・

タイトルも変えた方がいいかな・・・
[PR]
by lltj | 2016-06-15 21:32 | 主菜 | Comments(2)

蒸しりんご

e0229564_902583.jpg


久々に作ってみた。
芯をくりぬいてバターと砂糖適当に入れ、水張って蓋して30分蒸した。
どうやら、張った水の量が多すぎてびちゃびちゃになってしまった。

が、リンゴ自体は美味しく頂けた。

御馳走さん016.gif
[PR]
by lltj | 2016-06-13 09:03 | 嗜好品 | Comments(0)

ポロネーゼ

e0229564_930684.jpg


ポロネーゼ、というとちとカッコいい気がする
が、要はミートソース。

細かく言うと少し違いはあるらしい。

*ミートソースとボロネーゼの決定的な違いは、トマトの量と入れ方。
*ボロネーゼが使うトマトの量はミートソースが使うトマトの半分の量。
*イタリアでは基本的にミートソースとは言わない。
*日本ではミートソースという呼び方のほうが有名。
ちなみに...
*ボロネーゼのトマトが少なめなのは、その昔イタリア北部は貧しくてトマトが希少な食材だったから、といわれている。
*「ボローニャ風ミートソース」というスパゲッティを目にするがその呼び方は間違っているらしい。
・・・・・

ま、蘊蓄を自慢げに聞かせる相手もいないので、どうでもいい033.gif
[PR]
by lltj | 2016-06-11 09:35 | 主食 | Comments(0)

個食は、準備→仕込→調理→食事→片付までがワンセット。豪華さよりも簡潔さ!


by Tabeo

プロフィールを見る
画像一覧

応援ボタンクリック 感謝致します

最新の記事

手羽元ロースト
at 2017-08-21 00:07
ひき肉キャベツ炒め
at 2017-08-18 09:26
粉から作るホットケーキ
at 2017-08-15 11:12
焼鮭と肉じゃが
at 2017-08-14 00:39
DHA不足が視力低下や男性不..
at 2017-08-12 14:04

検索

ブログジャンル

タグ