<   2017年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

マカロニグラタン

e0229564_13114579.jpg
マカロニとは言ってもいつものフジッリ。
茹でたフジッリを敷いて、その上にチンして温めたチキンクリームシチューを入れ、とろけるチーズを乗せてオリーブ飾ってみた。仕上げにバジルパラパラ。
オーブンで焼いて出来上がり。

いつもの何ちゃって料理。
でも、十分雰囲気はグラタン。172.png


[PR]
by lltj | 2017-04-28 13:16 | 主菜 | Comments(0)

e0229564_17421774.jpg
某・キホーテで、値引きとは言え、十個=50円はさすが安いでしょう!
即お買い上げ。

最近、カラメルなしの牛乳と砂糖と卵だけの簡単プリンにハマっているので、早速作った。

e0229564_17483158.jpg

[PR]
by lltj | 2017-04-24 17:50 | Comments(0)

業務スーパーの『ぷち大福』というおそろしい和菓子について

勢いでずいぶんな見出しを付けてしまいましたが、とにかく業務スーパーの『ぷち大福』はやばいんです。白い悪魔です。

これまでご紹介してきたミニ餅シリーズ(ごまだれ、ずんだ)の中でも屈指の食べやすさ。やさしい甘みのこし餡ともっちり感のひとくちサイズ大福……もう止めようがありません。食べる手が止まらないんですっ(止めないで)。

業務スーパー『ぷち大福』297円

おすすめ度 ★★★★★

こちらが業務スーパーの冷凍菓子コーナーあたりに並んでいる『ぷち大福』。お値段は297円(税込)です。これ、重い。

製造者は、業務スーパーのオリジナル食材の数々を手がける宮城製粉。重量は1袋で1キログラム。40個以上は余裕で入っています。

やさしい甘みともっちり感と食べやすさ……キケン!!

解凍するだけで食べられます。常温で放置すること30分程度だと、ひんやり感がかなりありますけど、そのくらいのほうがヤミツキになるかも。電子レンジで解凍するなら、適量をピックアップして1分間ほど加熱すればOKです。

表面が白玉のようにツルっとした食感の大福。ころころとしたひとくちサイズでかわいい感じですけど、いや、もう、おそろしいヤツなんです……。

ひとくちサイズのぷち大福とはいえ、存在感たっぷりのこしあんで、一粒ひとつぶが食べ応えばっちり。こしあんは上品な甘みでクドさはなし。何個でも食べられる甘さなんですよね。よく見る一般的なサイズの大福だと一個で十分だったりしますが、『ぷち大福』くらいのサイズ感になると、その通常サイズ一個分を超えて何個でも、というか、何十個でもイケそうだから怖い……。

厚みのある餅皮は弾力十分。粘りは強すぎず、ほどよく歯切れの良い食べ心地です。この食感も手が止まらなくなる要因のひとつだと思うのです。

カロリーは?

カロリーは1袋1キログラムで2,630kcal。45個入りだとすると、1個あたりの重量は約23グラム、カロリーは約59kcalちうところ。

常備おやつとして『ぷち大福』ほど優秀な存在はなかなかありません。その日に食べる分を冷蔵庫に移し替えておき、お好きな時間に食べる、そんな工夫をしてもいいかも。

『ぷち大福』は見た目は地味だし、1キログラムだとさすがに消費しきれないから無理……とか思っていた方、ぜひとも一度はお試しください!


再び、業務スーパーネタ。

決して、神戸物産のまわし者でもステマでもありませんが、なんか気になる記事なんですよね~



[PR]
by lltj | 2017-04-22 14:12 | 食ニュース | Comments(0)

業務スーパーのチーズおやつ お酒に合わせるならエールビールがおすすめ

肉・魚からスイーツまで色々お安く揃った業務スーパー。冷凍コーナーには最近パン類も並んでおりまして、一時期ブームにもなったモチモチのチーズパン『Pif Paf ポン・デ・ケージョ』も売ってたりするんです。これがまるくてかわいくて個性的な一品だったので、ご紹介します!

輸入食品『Pif Paf ポン・デ・ケージョ』(400g・267円)

おすすめ度 ★★★☆☆

コロコロっとした一口サイズのチーズパンで、タピオカ粉などを使用したモチモチ食感が特徴のポンデケージョ。もともとブラジルなど南米の庶民食で、この商品もブラジルからの直輸入品となります(Pif Pafはブラジルの大手食品メーカー)。価格は税込267円!

開封すると、ゴロゴロっと結構な数の一口パンがお目見え。内容量400gで、個体差はありそうですが全部で17個入っておりました。

調理法は?

調理方法はオーブントースター(1200W)で、アルミホイルを敷いた上にポンデケージョを並べて、更にその上からホイルをかぶせて、約10分程度焼きます。そのあともう5分程度、かぶせたアルミを取り、加減を見ながら焼いていくという感じ。

ちょっと手間ですが、しっかり焼けば外側の生地はカリカリかため、内側はモッチモチの超弾力強めな、カリモチ食感の一口チーズパンが出来上がり! 今回はオーブンレンジで若干長めに焼いてみましたが、問題なく仕上がりました。

どんな味?

サイズ感はだいたいピンポン玉ぐらい? よくコンビニでもちぷにゃとかもちぷよとか、モチモチ食感系の一口スイーツが置いてあるじゃないですか。アレに食感も形も近くて、ひと回り小さくした感じです。というかこっちがご先祖様ですね。

一口食べると、表面はパリッとして中はムッチリモッチモチ! そしてチーズの香りがバリバリに濃ゆいです。生地自体はタピオカでん粉が原料なのでパンらしい小麦の味わいはなく、とにかくモチモチした噛みごたえと一緒に癖の強いチーズの風味がダイレクトにアタックしてきて……チーズが苦手だとちょっとキツいかも?

チーズはブラジルで親しまれているミナスチーズとパルメザンのミックスのようで、香りはちょっと独特だけど、ほどよい塩気でパクパクつまめる美味しさ。お腹の中で膨れてメチャ腹持ちが良いので、小腹時のオヤツにもピッタリです。

もう一味欲しいときはバターやマーガリンやジャムなどを塗ってもよさそうですね。そのままでもかなりチーズ濃厚なので、安くておいしいモチモチ系オヤツを探している方はいかがでしょうか! お酒と合わせるならスパークリングワインやエールビールあたりがおすすめですよ。


またまた業務スーパーネタがネットニュースにあった。

このお菓子も食べたことないから試してみたい・・・



[PR]
by lltj | 2017-04-17 16:25 | 食ニュース | Comments(0)

業務スーパーで買ってもOKな「輸入スイーツ・菓子」おすすめ10選!

e0229564_10102807.jpg

業務スーパーって輸入菓子をたくさん販売してますよね。ベルギーだフランスだイタリアだと原産国名を全面に押し出してアピールしているものばかりですけど、実際に買ってみたことありますか? 洋物菓子ってちょっと手を出しづらいですよね。

そこでmitokでこれまで実食してきた食材の中から「買ってもOKな輸入スイーツ」をピックアップしてみました。

たまには洋物菓子でも食ってみっか~って方、ご参考にどうぞ m(_ _)m

※価格は購入時のものです。時期、地域等によって異なる場合があるほか、取り扱いがない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

① フォンダンショコラ(297円 / 2個入り)

おすすめ度 ★★★★★

冷凍スイーツコーナーで『フォンダンショコラ』を見かけたら何も考えずにゲットすることをおすすめします。原産国ベルギーの輸入菓子です。電子レンジであたためるだけで……超濃厚ショコラが出来上がり! マイおやつにはもちろん、来客時に出すお菓子としてもめちゃんこ優秀ですっ。

電子レンジで1分ほど加熱するだけ。一口食べれば、あつあつの超濃厚チョコソースが一気にお口に広がります! ベタ甘な味わいではなく、ちゃんと上品なスイーツ感。濃いめのコーヒーや紅茶あたりを用意しておきたいですね。

② チョコレートクレープ(397円 / 3個入り)

おすすめ度 ★★★★★

『CREPES WITH CHOCOLATE FILLING(チョコレートクレープ)』はベルギー輸入のチョコクレープ。冷凍スイーツコーナーで見かけたりします。1個65グラムで3個入り、1個約132円という単価は業スー食材的には高価な印象ですけど、まぁ、それも納得おいしさ!

おすすめはレンジ調理。冷凍状態からは1分半、自然解凍後なら1個30秒ほどレンチンしてみましょう。すると……ふわっふわのクレープ生地に包まれたチョコレートフィリングが超濃厚ッ……! 生地のふっくら感と温かさも絶妙ですが、とにかくチョコが高級感あふれる濃厚さです。『フォンダンショコラ』が好きだったら、間違いなくこちらもおすすめです。

③ チョコレートタルト(695円 / 500グラム)

おすすめ度 ★★★★★

冷凍スイーツコーナーでフランス輸入菓子『チョコレートタルト』を見かけたら即ゲットで。直径20センチのホールまるごとです! お値段は高いように感じますけど、1ホール500グラムですからね? 12カットで1カット60円弱ほどのコスパだし、それよりもこの濃厚さ、たまりませんっ。

おすすめは自然解凍。室温で10分ほどかな。一番上は濃厚なチョコの下に、ヘーゼルナッツを意識したようなアーモンドを練り込んだチョコ層が隠れているんですよね。濃厚一辺倒では単調になりがちなチョコの味を2層化して、味わいに奥行きを作り出している感じ。食べてる間、終始しあわせな気分です。。これ……1ホール1,800円と言われても何の疑問も持ちませんよ(断言)。

④ マドレーヌ(181円 / 6個入り)

おすすめ度 ★★★★★

冷凍スイーツコーナーで最近見かけるようになった(気がする)『マドレーヌ』。原産国はフランスのようです。6個入りで181円、コスパはよさげ。でも、コスパが良くてもマドレーヌなんていまさら食べる気が……という人は多いかと思いますが、これ、うまいんです!

おすすめは自然解凍で。ふわっとした口当たりからの~しっとりなめらかな口溶け。バターの風味が染み出すように広がって……文句ナシに美味しい! 常温解凍でこのフワフワ食感はイイですね。卵とバターと砂糖のシンプルな味わいながら、パサついた感じもなく、お得なパックで買ってきたおやつとは思えない完成度。イチオシですっ。

⑤ ダブルチョコレートケーキ(198円) / マーブルケーキ(178円)

おすすめ度 ★★★★☆

お菓子コーナーでスペイン輸入ものの『ダブルチョコレートケーキ』と『マーブルケーキ』が売られていたらちょいとお試しを。おいしさとボリューム感、コスパ、ほどよいバランスが地味に優秀です。

『ダブルチョコケーキ』の食感は超しっとり! ちょっと強めの洋酒の風味が鼻を抜けるとともに、どっしりと重たい濃厚すぎるチョコの甘味が舌に広がります。これは紅茶必須の超濃い味ですねっ。

『マーブルケーキ』は半分チョココーティングがかかっております。洋酒の香りとチョコの甘味が同様にしっかり効きながらも、卵と牛乳の素朴なケーキの美味しさがベースにあって、バランスの取れたほっと安心するような味わいです。

⑥ クリームブリュレタルト(753円 / 420g)

おすすめ度 ★★★☆☆

フランス輸入菓子『クレームブリュレタルト』は直径約20cmの大型ホールサイズ冷凍タルトタルトケーキです。あの『チョコレートタルト』の姉妹品的な。常温なら約10分で解凍OK。そこそこ手軽にカラダが癒されるレベルの甘味を吸収できます(激甘いんです!)。

カスタードクリームの味わいがすごいっ。バニラビーンズと卵黄の効いたまったりとしたコクが、ガツン!とくる甘味レベルです。表面のカラメルなんて見た目を華やかにする飾りですよ。ほんと主役はカスタードクリーム。とろ~りふわっとした口当たりからの……ダントツの甘味度。もう一切れで満足です。毎日少しずつ食べていきましょう。アイスケーキとしてもおすすめです。

⑦ チョコレートクリームパイ(238円 / 20個入り)

おすすめ度 ★★★★☆

イタリアの「パイの実」といったところでしょうか、この『チョコレートクリームパイ』は。ちっちゃなパイにしっかりチョコクリームが詰まっています。お値段的にはインパクト弱めですが、サクサク食感とチョコクリーム……このお味ならコスパ良しと考えていいでしょう。

期待を裏切らないサクサクとした軽やかな食感。まさに「パイの実」好きならハマる一品です。見た目ほどに砂糖がクドいことはなく、ほどよい甘味レベル。チョコクリームはさらっとした舌触りで、パイの軽やかさを殺さないバランスがイイ感じ!

ちなみに『レモンフィリングパイ』もあります。こちらのフィリングは甘酸っぱいレモン風味。バター・マーガリンとあわせたレモンカードの濃厚さとさっぱり後口が両立した上品テイストなのでオススメですよ。

⑧ ミニアップルタルト(438円 / 6個入り)

おすすめ度 ★★★★☆

冷凍スイーツコーナーで見かけるオランダ直輸入スイーツ『ミニアップルタルト』。ミニといっても一口サイズよりは一回り大きいタルトです。

解凍時間は常温なら1時間ほどかかりますが、電子レンジ加熱でもOKです。シナモンシュガーの効いた甘い香りがおいしそう~。仕上がりは意外なフワフワ食感で、厚いタルト生地の甘味が超濃厚。角切りリンゴはボリュームたっぷり、シャクシャク感を残す程度のやわらかさがイイ! 甘味と濃い甘酸っぱさ、お愉しみあれ! オーブンで焼くのもおすすめです。

⑨ イタリアンショコラウエハース(ダークチョコ)(267円 / 5パック)

おすすめ度 ★★★★☆

お菓子コーナーで売られているイタリア菓子『イタリアンショコラウエハース(ダークチョコ)』。ウエハースかぁ、地味だなぁ、わざわざイタリアもんを食べなくても……? でも舶来品の激甘ウエハースもイイもんです。

かな~り濃いめに甘くほろ苦いダークチョコが、みっちりとサンド&厚めにコーティングされています。一気に食べると、濃厚すぎてきついかも。でもちょっとクセになる味わいだったり。編集部では確認していませんが、ヘーゼルナッツ版もあるようです。

⑩ チョココーティング チップス(181円 / 60g)

おすすめ度 ★★★☆☆

このスペイン産『チョココーティングチップス』、量的には物足りない気がするけど、食べたらインパクト大すぎるお菓子なんです! 厚切りポテチにチョコをコーティングしたものなのに、なんなのこのインパクト。日常的に食べるというよりは、宅飲みのお供としておすすめかも。

一口かじると……お、重いっ! 塩味がけっこう強く効いた厚切りのチップスに、やっぱり分厚いチョココーティングの甘味がたっぷりと染みています。さらにはじゃがいもの旨味と油っこさも立って……とにかくスゴい濃い味です! 後味の塩気も、なんぞ? ってレベル。インパクト系お菓子としていかがですかね~。

(by mitok)


へぇ~、業務スーパーはいつも愛用しているが、こう言うお菓子は買ったことがなかった。今度試してみよう・・・181.png157.png


[PR]
by lltj | 2017-04-10 10:16 | 食ニュース | Comments(0)

チンジャオロース風

e0229564_12283003.jpg
材料は珍しく牛肉も使ったし、タケノコも使った、白菜も入れた。青物が若干少ないがそれはいつものご愛敬。
だが、どうも味付けがチンジャオロースにならない。
オイスターソースと後は基本の砂糖、酒、醤油のはずなのだが・・・
ま、いいや、普通に食えるし・・・



[PR]
by lltj | 2017-04-06 12:32 | Comments(0)

「ニワトリ肉」不正でわかった国産鶏が高値の意外な理由

e0229564_18365131.jpg

日本にも大量に輸入されているブラジル産の食肉で不正問題が起きた。ブラジルの大手食肉加工業者が検査官らに賄賂をおくり、本来なら廃棄処分となるはずの肉を国内外に販売していたのだ。

 日本は大量の鶏肉をブラジルから安価に輸入している。その理由は「ブラジルには鳥インフルエンザがなく、安全性が高い」からだ。また、抗生物質を含んだ飼料に対する規制が日本より厳しいEUにも輸出されていたことから「ブラジルの鶏肉はきちんと管理されている」と思われてきた。

 農林水産省の品目別貿易実績によると、2015年に輸入された鶏肉(調理品を除く)は約53万トン。そのうち41万トンがブラジル産だ。事件を受け、日本政府は3月21日に当該施設から出荷された鶏肉の輸入を禁止、現在も再開のめどはたっていない。

 安くて安全性が高いとされたブラジル産の鶏肉は、外食産業には欠かせない食材だった。しかし、なぜ日本の鶏肉より地球の反対側からやってくるブラジル産のほうが安価になるのだろうか?

 日本で鶏肉がポピュラーな食材となったのは、実は戦後以降になる。アメリカで始まったブロイラーの大量飼育の技術が定着したのがきっかけだ。それまで鶏肉は高級食材として扱われ、牛肉より高い値段がついていた。

 庶民に手が届く食材になった鶏肉だが「エサ代が高い」「養鶏場の建設コストが高い」などの理由で、世界的な規模で考えると価格は高止まりしている。

 日本では、現在、養鶏の約9割が輸入飼料に頼らざるをえない状況が続いている。その飼料用穀物もバイオ燃料が注目を集めると同時に価格が高騰し、エサ代は養鶏業者の大きな負担となっているのだ。

 国産鶏肉の値段が下がらない理由のひとつに、日本人の「もも肉好き」もあげられる。日本では「柔らかくてジューシー」という理由で、もも肉だけがもてはやされている。一方でむね肉は「パサパサ」「味が淡白」という理由から敬遠されがちだ。

 実際は、むね肉のほうが旨み成分と呼ばれる「イノシン酸」が多く、疲労回復に効くとされる「イミダペプチド」も豊富で、カロリーも少ない。

 ヨーロッパなど、世界的に見ればむね肉のほうが人気だが、日本だけはなぜか例外的にもも肉ばかり食べている。消費の割合はもも肉8割、むね肉2割ともいわれている。

 むね肉の消費が進めば、鶏肉の生産コストも下げられるといわれる。安全安心でリーズナブルな国産鶏肉を手に入れるためには、積極的にむね肉を食べるのがいいのかも。



へぇ~、自分もむね肉よりもも肉の方をいつも選んでた。

これからは安いむね肉を積極的に利用しよう~



[PR]
by lltj | 2017-04-03 18:38 | 食ニュース | Comments(0)

個食は、準備→仕込→調理→食事→片付までがワンセット。豪華さよりも簡潔さ!


by Tabeo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

応援ボタンクリック 感謝致します

最新の記事

サバの照り焼きとカタ焼きそば
at 2017-11-17 22:52
牛丼
at 2017-11-15 00:01
トーストのガッツリ朝食
at 2017-11-12 22:11
肉野菜炒め
at 2017-11-08 16:14
ウインナーチャーハン
at 2017-11-06 17:03

検索

ブログジャンル

タグ