プレーンカップケーキ

久々にカップケーキを焼いてみた。
マドレーヌもどきのプレーンカップケーキ。

材料
薄力粉50g=8円
卵1個=10円
砂糖40g=7円
ケーキ用マーガリン50g=45円
バニラ原液数滴=2円

材料費=食材18円+調味料54円=72円
1個(1カップ)約10円・・・

作り方はいたって普通
卵に砂糖混ぜ、もったりするまで撹拌し、バニラ数滴たらし、薄力粉さっくり混ぜ、マーガリン混ぜ、シリコンカップに入れてオーブンで焼く。

バニラ原液がもうだいぶ経つので香りがだいぶ弱くなっていた。
砂糖の量を減らしぎみにしているのだがそれでもまだ甘く感じる。

e0229564_18475730.jpg

久々に作ったが、ま、そこそこには仕上がった。038.gif
[PR]
# by lltj | 2012-05-13 18:51 | 嗜好品 | Comments(0)

妊娠中の「レアステーキ」「生ハム」危ない!トキソプラズマで胎児に障害(NHKあさいち)

田部友佳さん(仮名)の娘・美雪ちゃん(1歳・仮名)は水頭症で手足のむくみと麻痺、歩行が不十分で生まれて来た。妊婦健診ではまったく異常がなかったが、妊娠9か月で胎児の脳室が通常の2倍に拡大し、友佳さんの血液検査でトキソプラズマの感染が発覚した。
「いったいなぜと思いました。原因は妊娠4か月のときに焼肉でユッケやレバ刺しを食べ、2週間後にリンパ節が腫れた事でした。あの生肉さえ食べなかったら」と友佳さんは悔やみ、生肉に潜むトキソプラズマの警告をブログで訴えている。
母親から血液通して感染
2児の母親、松岡康子記者(生活情報部)は、「あまり知られていませんが、妊娠中にレアステーキ、生ハムなどの生肉を食べると、胎児の脳などに異常が出る危険があります。原因は生肉内にいる『トキソプラズマ』という寄生虫です」と報告した。
トキソプラズマは数ミクロンの原生生物で人体の脳や筋肉に入り込むが、健康体の大人はほとんど発病せず、世界人口の3分の1が感染していると見られている。ただ、胎児が母親の血液を通して感染すると、ケースは少ないが、頭蓋骨の形成異常、水痘症、大頭症などを起こすこともある。感染ルートは生肉と終宿主のネコの糞尿だ。
三井記念病院の小島俊行医師によると、「万が一感染が胎児に移っても、危険を7分の1に減らす薬があります。検査は簡単ですが、検査を行っている病院が全国で半数(55%・厚労省調べ)しかない」
トキソプラズマの危険は妊娠中に初めての感染した母親だけで、すでに感染している人は抗体ができているので、胎児への影響はないそうだ。ユッケやレバ刺しなどの生肉を避け、ステーキもよく焼けば心配はないのだが、肉を調理したまな板や包丁を洗わず、そのままサラダなどを調理するのも危ないだろう。
また、ネコの糞尿からも感染するということで、妊娠中のガーデニングや土いじり、子供の砂場などでは手袋をして、手洗いを徹底することもお忘れなく。


「トキソプラズマ」・・・
名前からしてなんか怖そう
[PR]
# by lltj | 2012-05-12 06:02 | 食ニュース | Comments(0)

もやし炒め丼

どうも、「値引きシール」とか「半額シール」を見るとつい手が出てしまう。

見切り品「もやし10円」!!!

思わず買ってしまった。

もやしは傷みが早いが、買ったその日に使うならなんも問題ない。
ってことで早速使った。
もやしだけだと寂しいので塩麹を揉み込んだ豚肉がまだ残っていたので合わせて炒めた。


材料
豚切り落とし(塩麹漬け)60g=30円
もやし1袋=10円

ご飯0.5合=23円

調味料
えごまドレッシング大さじ1=30円
鶏ガラスープの素小さじ1/2=5円
塩少々=無視
七味3振り=1円?

油小さじ1=2円

材料費=食材63円+調味料36円=約100円・・・

作り方
豚肉炒めて、色変わって炒まったら、もやし合わせて強火で炒める。
鶏ガラスープの素パラパラ振って、えごまドレッシング入れてざっくり炒め合わせる。
少し味薄ければ塩パラパラ。
仕上げに七味パラパラ・・・少し多めでピリ辛にした。

ご飯の丼にドン、と乗せる。
完成。

もやしはシャキシャキ感が残るように強火でサッと炒めるのがいい。
えごまドレッシングだけだとちょっとインパクト少ないので七味を少し多めに加えた。

ごま味、ってあまり調味しないが、たまにやると新鮮でいい。
e0229564_166739.jpg

[PR]
# by lltj | 2012-05-10 16:25 | 主食 | Comments(0)

お餅

以前、お餅メーカーに「お餅の冷凍保存」についてメールで質問してみた。
「冷凍をしますと、お餅がボロボロになったり、乾燥しパイ状の層になりはがれてしまったりすることがございますので私共では冷凍保存はお勧めしていません。」
とか、
「お餅は冷凍できますが、密封して急速冷却しないと、解凍後「のび・こし」のない食感になってしまいます。
ご家庭での冷凍では、この調節が上手に出来ない場合が往々にしてあるようです。室温で長期保存できますので、冷凍せずに保管することをお勧めしています。」
などの答えが返ってきた。
そのため、いままでお餅の冷凍保存はやったことがなかった。
が、ネットなど見ると他の家庭では、冷凍保存が普通に行われている様子。

と言うことで冷凍保存をやってみた。

そして、凍った餅をそのまま焼き網に乗せて焼いてみた。
結果、普通に膨らみ、味も食感もほとんど変わらずに食べられた。ちと、目ウロコだった。005.gif

餅は好きなのだが、スーパーでは1kgとか600g単位で売られていていて個食ではその消費に苦労していた。
買うたびに1~2週間は喰い続けなければならなかったから。

これからは冷凍保存でのんびり消費して行こうと思う。

ちなみに今朝は、オリーブ油とドライバジル、フライドガーリックや玉ねぎ、鷹の爪、塩、コショウ、ブイヨンなど調合した自作バジルソースと「S&Bのイタリアンラー油」を混ぜ合わせて食べてみた。

味は普通に食べられるが、やはり餅は和風の方がいいかな・・・

餅2個=20円。
調味料=10円ぐらい・・・

合計30円の朝食・・・

e0229564_10513263.jpg

ちなみに「S&Bのイタリアンラー油」は、まろやかだが、もう少しピリッと辛みがあってもいいかも・・・と思う
[PR]
# by lltj | 2012-05-09 11:12 | 主食 | Comments(0)

基本のパン5回目 肉みそ投入

今回は、自作の肉みそを入れてみた。

そして、強力粉に薄力粉を20%混ぜてみた。
どうなるのか?と思ったが、どうもコネ上がりが柔らかくなるみたい。
二次発酵の時もちと表面ベタベタでつや良く仕上がらなかった。

どうも、粉の量と水分量とコネ加減の相関関係がまだよくわからない・・・

肉みそも閉じ側を下にしたら、やはり焼き上がりに洩れてしまった。ちゃんとくっつけたつもりなのに・・・

e0229564_2075785.jpg


と言うことでこのGWはパン焼きに挑戦したのだが、基本のツボがわかっていないと言うことが改めてわかった。
これではまともなパンになるまでにはまだまだ当分かかりそう・・・

パン、ってけっこう難しい・・・042.gif
[PR]
# by lltj | 2012-05-06 20:20 | 主食 | Comments(0)

肉みそ自作

ネギ味噌がなくなったので今度は肉みそに挑戦。
以前買った豚小間切れがまだ残っていたので・・・

材料
豚こま切れ45g=20円
赤みそ30g=25円
ホンダシ3g=5円
砂糖5g=1円
酒10cc=3円
みりん10cc=6円
醤油3cc=3円
七味0.5g=5円
ハイミー0.5g=3円

油小さじ1/3=1円

材料費(出来上がり量80~90g)=具材20円+調味料50円=70~80円ぐらい

今回、ちょっと化学調味料(味の素の社員に言わせると化学ではなく旨み調味料と言ってください、と言われる)のハイミーを加えてみた。
それと、七味を多めにしてみた。

作り方
豚こま切れを細かく刻んでミンチにする。
味噌、調味料はみんな混ぜ合わせる。

豚ミンチをポロポロになるまで炒める。
合わせ味噌加えてぽってりするまで弱火で煮る。
出来上がり。

出来上がった時の味見では少しハイミーを入れ過ぎたようでちと不自然な旨みが感じられたが、冷えて落ち着くとそうでもなくなった。
七味が効いていて後を引く美味さ037.gif
ご飯にも合いそう。
我ながらよくできた038.gif
e0229564_11142631.jpg

参考にした市販品の原材料名は
豚肉
米味噌
ブドウ糖果糖液糖
小麦たんぱく
醤油
砂糖
玉ねぎ
トマト
ラー油
ニンニク
酵母エキス
ポークエキス
ショウガ
唐辛子
調味料(アミノ酸等)
酒精

いやはや実に色々な添加物のオンパレードだな・・・

次回はニンニクと玉ねぎも入れてみよう・・・039.gif
[PR]
# by lltj | 2012-05-06 11:22 | 自作調味料 | Comments(0)

基本のパン4回目

完全に焼き過ぎてしまった・・・007.gif

なんか膨らみも悪い・・・なんで?・・・039.gif

ん~ん、硬い・・・完全に失敗作。

しみじみ食べて原因を探ろう・・・
多分、雑に手抜き過ぎなんだろうな・・・

e0229564_0512319.jpg

[PR]
# by lltj | 2012-05-06 00:57 | 主食 | Comments(0)

基本のパン3回目。ネギ味噌を投入してみた

基本のパン三度目の挑戦。

パン生地のレシピは前回とほぼ一緒。→<生地レシピ>
多少水の分量を減らしてみた。
それと少しスキムミルクを混ぜてみた。

スキムミルクの効能は前回も書いたが、
スキムミルクの乳糖に含まれる糖質が加熱によってキャラメル化し パンの色を鮮やかな茶褐色にします。ミルクフレーバーといわれる甘い香りが付く。
スキムミルクは乳成分の緩衝作用がありますので、発酵時間を長めにとりましょう。
ちなみに、スキムミルク中に含まれる乳糖はイーストが分解できない糖なので、焼成時に焼き色がつきやすくなります
ということらしい。

そして三回目ともなると、なんかもう少しアレンジしてみたくなった。

と言うことで中に自作のネギ味噌を入れてみた。

なぜネギ味噌か?と言うと、前回、前々回に作ったパンを食べる時、バターやマヨネーズ、など塗って食べていたのだが、その一つにネギ味噌を塗って食べたらとても美味かった、のでネギ味噌にしてみた。

作り方のポイントとして、
☆やはり、最初の水の分量が難しい。
昨日やその前は雨だったせいもあり、湿度が高かったようだが、今日は晴れて湿度が少し低かったよう。
練りの粘度がそのたびに違う・・実に繊細な水分量の調整が必要。
生地の分量を多くすればもう少し簡単になるのかもしない。
☆そして、生地の練り過ぎによるダレと言うのがなんとなくわかってきた。
出来上がりの生地の膨らみがだいぶ小さかったのはそのためかもしれない。
もしくはスキムミルクの作用なのか・・・?
☆中に具を入れるのがけっこう難しかった。
一つは表面がパンクしてしまい、一つは裏側の閉じた部分が開いて中身が出てしまった。

まだまだ応用編は早かった様子。
もう少し地道に基本をこなしていく必要がありそう。

味は、ネギ味噌は正解!大変美味しく食べられた038.gif

e0229564_14422244.jpg

写真は撮るのを忘れて一口かじってしまった状態で申し訳ない、っす040.gif
[PR]
# by lltj | 2012-05-05 14:45 | 主食 | Comments(0)

基本のパン2回目

ちと形を変えてみたが・・・

材料は前回とほぼ同じ。

どうやら、最初のコネが足らなかった様子・・・割れた・・・

e0229564_23212812.jpg

[PR]
# by lltj | 2012-05-03 23:22 | 主食 | Comments(0)

基本の基本の丸パン

このゴールデンウイーク前々から中途半端に気になっていたパン作りにチャレンジしてみた。

パン作りをインターネットでちょっと調べてみるともう数えきれないくらいのサイトが見つかる。
初心者、入門などの簡単でそれでいて美味しそうなサイトも一杯あって自分でも簡単に出来そうな気がしてしまう。
実際、以前、見よう見まねで何度か作ってみたことがある。
が、どうも教科書と比べてみると、途中の工程や出来上がりがどことなくその通りになってない気がしてならなかった。
完全に失敗して膨らまないとか味が酸っぱいとかになればまだしもなのだが、焼き上げると一応は膨らんでパンらしくはなっているし、味も普通に食べられるので、今一つどこが違うのかわかなかった。

と言うことで、ちと、集中的にトライしてみることにした。

まずは一番簡単そうな基本的なパンで練習しようと、「基本 パン」でネット検索してみた。
グーグルで320万件ヒット!005.gif
ま、何を検索をしてもそうだが、何百万件ヒットしようが実際に見るのはせいぜい最初の2、3ページ。多くて4,5ページ、それ以上見ることはまずない。

いくつかのサイトを見てみると、「基本のパン」とか謳っている割には材料に卵やバター、牛乳、ショートニングなども使っていて、「分量はきっちり計りましょう」などと書かれている。
ん~ん、材料揃えるのからして、もう、めんどくさそう・・・008.gif

が、パンの本当の基本的な材料は小麦粉とドライイースト(や天然酵母など)と水だけでいいらしい。
もっと基本の最初のパンとなると、
「6000年前のメソポタミアでは、小麦粉を水でこね、焼いただけのものを食べていたことが分かっている。
これがパンの原形だと考えられている。
ただし、この時代のパンはまだ酵母菌が加えられていないため、発酵による気泡がなく、平状で硬いもので平焼きパンの様なものであった」
なのだそうだ。

ここまで基本に忠実になる必要もないが、なるべく最小限の材料で作れるパンを選んで作ってみた。

材料
強力粉100g=19円
ドライイースト1.5g=15円
塩2g=1円
砂糖5g=1円
ぬるま湯65cc=無視

合計=食材19円+調味料17円=36円

材料の能書きとしては、
塩の役割は、
「発酵のしすぎを抑えて生地のコシを強くし味を引き締めパンの甘みや うまみを引き立て、パンの保存性と高める役割」
砂糖の役割は
「砂糖の糖分はイーストの栄養となって働きを活性化しパンをふっくらとさせます。風味や香り 焼き色をよくし柔らかさを保ち保存性を高めるのにも役立つ。」
なのだそうだ。

今回は使わなかったが、
油脂類は
「パンにコクを与えてキメを細かくし生地ののびをよくしてボリュームを出すのに役立つ。乾燥を防ぎ柔らかさを保ち 焼き色とツヤをよくするのも油脂の役割。バターは風味と香り。オリーブオイルは香りと軽い口当たりをパンに加える。風味をつけたくないときは無味無臭のショートニングやサラダ油を使う」
スキムミルクは
「牛乳から脂肪分を除いて乾燥させたものがスキムミルクだが、乳糖に含まれる糖質が加熱によってキャラメル化し パンの色を鮮やかな茶褐色にする。ミルクフレーバーといわれる甘い香りも付く」
のだそうだ。

作り方は手順通り
1、材料合わせ生地練る
2、一次発酵
3、ベンチタイム
4、二次発酵
5、焼き

出来上がりが、これ↓
e0229564_922374.jpg

一応、ふっくらと膨らんで、パンらしくはなっている。
味も普通のパンになっていると思う。

でも・・・まだ、なんとなく納得がいってない・・・039.gif

ん~ん・・・時間はあるし、もう一度作ってみるか・・・042.gif
[PR]
# by lltj | 2012-05-03 09:09 | 主食 | Comments(0)

自炊は、準備→仕込→調理→食事→片付までがワンセット。個食なら豪華さよりも簡潔さ!


by Tabeo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

引っ越して正解!
at 2018-06-06 19:43
ライブドアへお引っ越し~
at 2018-04-03 01:55
有料にして月額払わないとブロ..
at 2018-03-23 18:23
豚角煮
at 2018-03-21 00:39
こんにゃく紅ショウガ炒め
at 2018-03-19 07:55

検索

ブログジャンル

画像一覧

タグ